頭が悪い人の話し方6選!頭が悪く見えるの話し方を改善しよう

「頭が悪い人の話し方っぽい」だったり、「頭が悪そうな話し方だね」と言われて傷ついた経験がある方は男性・女性問わず多いのではないでしょうか?
自分ではきちんと話しているつもりなのに、他人から見ると頭が悪い人の話し方、頭が悪そうな話し方に見られてしまうのってとってもショックですよね。
また、パートナーや部下の話し方がどこか頭が悪い人の話し方っぽいけれど、どこを改善点として指摘すれば分からないという上司の方もいるのではないでしょうか。

今回は頭が悪い人の話し方、頭が悪そうな話し方に悩んでいるという方に向けて、「頭が悪い人の話し方」の改善方法を6つ厳選して解説します。自分自身の「頭が悪そうな話し方」を改善したい方はもちろん、友達や部下の「頭が悪い人の話し方」を改善してあげたいという方はぜひこの記事を参考にしてみて下さいね ♡

頭が悪い人の話し方は損をする原因

まず初めに、頭が悪い人の話し方、頭が悪そうな話し方をしていてあなたにどんな悪影響を与えるのかを解説します。

プライベートではまだ可愛らしく思える「頭が悪い人の話し方」も仕事やビジネスの面であれば致命傷。できれば頭が悪い人の話し方、頭が悪そうな話し方は早急に改善したいものですよね。
頭が悪い人の話し方、頭が悪そうな話し方によって起こる弊害とはどのようなものなにでしょうか?

頭が悪い人の話し方は損をする原因

頭が悪い人の話し方は損をする原因

頭が悪そうな話し方をすると信用されない

頭が悪い人の話し方、頭が悪そうな話し方によって起こる弊害として最も致命的なのは仕事やビジネスでもプライベートでも人から信用されない要因になってしまう可能性があるというポイントです。

あなたが頭が悪そうな話し方をする人と関わる立場だと考えた時、少し不安感やしっかりとはきはきと話す人と比べた時と比べて頼りなさを感じることはありませんか?
もし「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」だと指摘されたことがあるあなたが下記のような悩みを抱えているのであれば、それは頭が悪く見えるの話し方を改善するだけで解決する簡単な悩みなのかもしれませんよ ♡

  • 会社で大きな仕事を任せてくれない。
  • 後輩や部下からの信頼が薄いように感じる。
  • 初対面の商談や面接でなかなかうまくいかない。
  • 交際相手の両親に会った時にいつも印象だ悪い。

いかがでしたか?ここまで読んで「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」を改善したいと思い始めたあなたは、まず「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」の特徴をしっかりと理解して下さい。

頭が悪そうな話し方をすると信用されない

頭が悪そうな話し方をすると信用されない

頭が悪い人の話し方の特徴6選

ここからは実際に「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」の特徴を解説していきます。
改善方法を試す前に、まずは頭が悪い人の話し方・頭が悪そうな話し方と言われてしまうあなたの話し方は客観的に見てどのようなものなのかを理解する必要があります。

それでは早速、「頭が悪い人の話し方の特徴6選」を見ていきましょう!

頭が悪い人の話し方の特徴6選

頭が悪い人の話し方の特徴6選

・頭が悪い人の話し方の特徴①「結論が分からない」

「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」と認識されてしまう話し方の特徴として1つ目にあげられるのは、話していて結論が分からないというパターンです。

長々と話していて会話が終わった時、「で、何が言いたかったの?」と思わず聞き返したくなるような話し方の人は男性女性問わず「頭が悪い人の話し方」という印象を与えてしまうことが多々あります。
話し相手が急いでいる時やビジネスや仕事で関わっている場合にこのような「頭が悪い人の話し方」をしてしまうと、相手の苛立ちも助長するので致命的な話し方だと言えるのではないでしょうか・

・頭が悪い人の話し方の特徴②「えっと、え~、など間投詞がおおい」

「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」と認識されてしまう話し方の特徴として2つ目にご紹介するのが、えっと、え~、など間投詞が多い話し方です。

このような話し方をする人は、自分の話そうとしていることや考えが頭の中でまとまっておらず、聞き手からすると「頭が悪いのかな?」という印象を与えてしまいます。

言葉のアウトプットが苦手な方だと感じていて「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」と他人に言われた経験がある方はこのパターンに当てはまっていないか一度意識してみてはいかがでしょうか?

・頭が悪い人の話し方の特徴③「こもった声で話す、モゾモゾ話す」

「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」と認識されてしまう話し方の特徴として3つ目にあげられるのが、こもった声で話す、モゾモゾ話す話し方です。

このような話し方は聞き手にストレスを与えるとともに、話していて自信がないような印象を与えてしまいます。
「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」の中でも、仕事の商談や会議でしてしまうと一気に周囲からの評価が下がる話し方ですので、ビジネスマンの方は特に気を付けて下さい。

頭が悪い人の話し方の特徴③「こもった声で話す、モゾモゾ話す」

頭が悪い人の話し方の特徴③「こもった声で話す、モゾモゾ話す」

・頭が悪い人の話し方の特徴④「主語が無い話し方」

「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」と認識されてしまう話し方の特徴として4つ目に、主語を省いて話をしてしまう人がいるんです。

話し手からすれば頭の中で主語・述語がイメージできているのですが言葉にした際に「○○で良いですか?」などといったような主語が無い話し方になってしまう人は意外と多いんです。
聞き手からすると「それって何の件?」となってしまうのが容易に想像がつきますよね。

こちらもビジネスや仕事の面では致命的な「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」ですので注意が必要ですよ。

・頭が悪い人の話し方の特徴⑤「話が長く、脱線しやすい」

「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」と認識されてしまう話し方の特徴として5つ目に、話が長く脱線しやすいというパターンがあげられます。

一見、頭が悪そうな話し方とは認識されないのですが、話しているとあれこれ関連しているものの本題とは脱線した議題やテーマに話が移り、結局結論が出ないという人は頭が悪い話し方と思われがちです。

このような話し方をする人は最初の印象は網羅性が高く博識だと思われますが、会話を繰り返すにつれて話の結論が出せない頭の悪い人だという印象を与えてしまいます。

・頭が悪い人の話し方の特徴⑥「いい年なのに、若者言葉」

「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」と認識されてしまう話し方の特徴として6つ目に、いい年なのに若者言葉を使う話し方があげられます。

たとえば40代を超えた大人が「それヤバくね!?」だったり、「チョーいけてるじゃん!」といったよいな若者言葉を使っていたらどんな印象を持ちますか?
言葉遣いやトーンから人間は「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」という印象を感じ取るので、年齢相応のしっかりとした言葉遣いを意識するようにしましょう。

頭が悪く見えるの話し方の改善方法

ここからは「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」の改善方法を解説していきます。

話し方はあくまで後天的なもの。「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」はしっかりと改善することができるんです。

仕事やビジネス、あるいはプライベートで「頭が悪そうな話し方」だと指摘されたことがある人はぜひこちらで解説する「頭が悪く見えるの話し方の改善方法」を参考にしてみて下さいね ♡

頭が悪く見えるの話し方の改善方法

頭が悪く見えるの話し方の改善方法

・頭が悪く見えるの話し方の改善法①「自分の話し方を撮影」

「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」の改善方法として最も有効なのが、自分の話し方をビデオ撮影して客観的な視点で自分の話している姿は見るという方法です。

特に「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」を他人に指摘されたけれど自分ではピンと来ていないという方にはこの方法はとってもクリティカル。
映像で見る自分の話し方が、自分が思うよりも「頭が悪そう」だと感じればその嫌悪感から自然と話し方を意識して生活することができるようになりますよ ♡

・頭が悪く見えるの話し方の改善法②「結論から話す」

「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」の改善方法として、結論から話すことを意識してみて下さい。

「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」の中でも、何を話したいのか分からない・言いたいことが分からないとよく言われる方にはこの方法はとてもクリティカル。
単純に話す順番を結論からにするだけで、一気に「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」という印象から脱することができます。

例えば、仕事において「○○の件、タスク完了した?」と上司から質問された時に、頭が悪そうな話し方では「急に他のタスクが緊急で入ってしまって…。午前はそれをやってました!」と回答してしまいます。

結論から話すことができれば、「完了していません。理由は午前に緊急の対応が入った為そちらを優先したことです。○時間以内には完了予定です。」といったように相手の聞きたいことに対して完結に返答することができるんです。

・頭が悪く見えるの話し方の改善法③「できるビジネスマンを演じる」

「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」の改善方法として、バカらしいと思う方もいるかもしれませんが、「できるビジネスマンを演じる」という方法はとっても有効なんです。

人の話し方や相手に与えるイメージはあくまで虚像です。
あなたが「賢い自分」を常に演じるよう意識していれば、決して「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」という印象を相手に与えてしまうことはないはず。

「自分はクレバーなインテリなんだ」と思い込んで生活してみると、あなたに対する周囲の評価も変わってくるかもしれませんよ ♡

頭が悪い人の話し方から抜け出そう!

今回は頭が悪い人の話し方の特徴と頭が悪く見えるの話し方の改善方法を厳選して解説しました。いかがでしたでしょうか ♡
「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」だと指摘された方は、たとえそれを言った人が冗談半分だったとしても深く傷つきますよね。

「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」はビジネスや仕事の側面で特に悪い評価に繋がりがち。
話し方は意識1つで変えることができます。
「頭が悪い人の話し方」や「頭が悪そうな話し方」から抜け出して、頭が良さそうな話し方を目指しましょう!

     

おすすめ記事

スポンサードリンク