美人・イケメンなのに恋人がいない理由を分析!

美人・イケメンなのに恋人がいない理由①「中身を見てもらえない」

見た目が良すぎると「ジャケ買い」される

美人やイケメンの人は見た目が良すぎるため、たくさんの人に注目され、外見だけを愛されてアプローチを受けます。それは一見モテているようにも見えますが、本人からすればそんな単純なことではないかもしれません。告白する側の人はまさに「玉砕覚悟でアタック」していてノープランなので、うっかり付き合うと「思ってたのと違う」と冷められてしまって別れるケースも多く、そのことを気にしていたりトラウマになっていたりする方もいます。

相手の好意を疑ってしまう

美人・イケメンは外見で好かれることが多く、自分の内面を評価されたことがあまりない人が多いといわれています。そのため好意を寄せられても素直に信じることができず、中身を知った途端去っていってしまうのだろうと冷めた見方をしてしまうのでしょう。外見を褒められるのが嫌になっている人もいるため、安易に美人やイケメンの外見には言及しない方がいいかもしれません。

誤解されるのが嫌

美人やイケメンはとくに嘘をついたりしているわけではありませんが、周囲はその美しい外見から色々と想像してしまうものです。美男美女ならきっと素敵な生活をしているのだろう、派手なのだろう、すごい経験をしているのだろうなど、イメージだけで誤解され続けて人間不信になっている人もいるようです。

相手の勝手な理想を裏切れない

美男美女は普通にしていても周りから高嶺の花として扱われます。近づいてくる人は外見に自分の理想を重ねていることが多く、本当の自分を否定され、相手の理想を演じざるを得ない方向に追い込まれることがあります。はじめのうちはなんとか演じ切れるかもしれませんが、徐々に自分を出そうとしても「そんなの君に似合わない」などと否定され関係が続かなくなるようです。

美人・イケメンなのに恋人がいない理由②「理想が高い」

選択肢が多いと相対価値が下がる

美人・イケメンはたくさんの人に注目されるため、普通の人よりは恋愛相手の選択肢が多くなります。ネットショッピングなどのサイトでたくさんの商品が並んでいると、はじめは商品を探そうと意気込んで画面を見ていても、だんだん疲れて選ぶこと自体どうでもよくなってくることがあります。これと同様に、美人やイケメンも選択肢が多すぎると、同じような感覚に陥ってしまう人がいるのでしょう。

次があるから期待してしまう

美人やイケメンは、人生において様々な異性に注目されアプローチされることが当たり前になっています。そのため、少しいいなと思った相手でも、次に出会う人の方がいいかもしれないと考えてスルーしてしまう傾向があります。「このチャンスを活かさなければ次はない!」という焦りがないので、カップルになれず知り合いのままの関係でタイミングを逃すことが多いようです。

最高の人を探そうとする

自分に自身のある美人・イケメンは、やはり自分に釣り合うような相手と付き合いたいと思ってしまうものです。ストイックに努力していたり、キャリアを積んで向上心があるタイプなら、切磋琢磨して高め合える相手や、自分をサポートして癒してくれる相手など、自分にとって一番いい人を探そうとして理想が高くなり、タイミングを逃してしまうようです。

両親のレベルに影響されている

両親がベストカップルだった美人やイケメンは、自分も両親のような魂の伴侶に出会いたいと考える人が多くなるようです。そのため自分達の恋愛スタイルが確立できず、判断基準が『両親のようなカップルかどうか』になってしまうため、時代にそぐわない望みを持つことになって実現が難しくなるのでしょう。自分の生活スタイルに合わせて相手を選べば、いい人は必ずいるものです。

美人・イケメンなのに恋人がいない理由③「自信がない」

性格的に後ろ向きなタイプ

美男美女なのに恋人がいない場合、性格が面倒くさいため恋愛が長続きしないことが理由になっているのかもしれません。美人やイケメンは努力せずとも自然に人に囲まれるせいで、他人に好かれるための努力ができず、無意識に相手に依存したり言ってはいけないことを言ってしまうなどの失敗を繰り返し、徐々に自信を失って恋愛に後ろ向きになっているのでしょう。

過去のトラウマを抱えている

美人やイケメンは色々な人にアプローチされモテはしますが、中にはストーカー化してトラブルになる場合もあるようです。そういった怖い経験をしたことがある美男美女は、好意を示してくる人がみんな怖い人に感じられて、恋愛から距離を置いている可能性が考えられます。過去のトラウマを解消できないうちは、恋愛に目を向けることはないかもしれません。

恋愛スキルを磨いていない

美人・イケメンは、自分から積極的に行動しなくてもたいてい向こうから告白されたり誘われたりすることが多くなります。そのため恋愛スキルを学んでいなかったり経験値が低くて、気になる相手にアプローチすることができず、なかなか恋人ができないキャラになってしまうのかもしれません。恋愛スキルは自然に身に付くものではなく、能動的に探求しなければならないのです。

対人関係が苦手

美人やイケメンだからといってすべての人が必ずしも明るく積極的な性格とは限りません。たまたま美人・イケメンに生まれてしまったものの、中身はインドア派で引っ込み思案という人も多いでしょう。そういった人は趣味や仕事に生き甲斐を感じ、自分の世界だけで生きることが幸せなので、あえて恋人を作っていない場合もあるようです。

美人・イケメンなのに恋人がいない理由④「隙が無いと感じる」

機嫌が悪いと思われる

誰でもぼーっとしていると表情がなくなってしまうものですが、美男美女はとくに無表情だと怒ったような顔になりがちです。元の顔がシャープな印象の美人やイケメンは、何をしてもシリアスに見えてしまうので、無意識の状態でいると「機嫌が悪いのかな?」と周囲が気を使うことになり、誰も話しかけてくれなくなってしまうのです。

意識高い系だと決めつけられる

美男美女は、普通にジャンクフードで暮らしていても健康的なスムージーを飲んでいると思われたり、安物を身に付けていてもこだわりの一点物しか身に付けないのだと決めつけられることがあります。そのため異性から「付き合ったら満足させるのは難しそう」と思われて敬遠されることが多くなり、恋人がなかなかできにくい結果に繋がってしまうようです。

お金がかかると勘違いされる

美人やイケメンは、その美しさを維持するためにお金がかかると思われがちです。またプレゼントも素朴なものより高額なブランド品を贈らなければいけないと勘違いされてしまうので、経済力に自信がない異性からは距離を置かれがちになるでしょう。先入観を払拭するのは難しいかもしれませんが、周囲との関係を通じて地道に本当の姿を知ってもらうしかないでしょう。

安らげないと言われる

美人・イケメンは何もしていなくても相手に緊張感を与えてしまいます。そのため2人だけでまったりしていても相手はリラックスできず、最高のパフォーマンスを要求され続けていると感じて疲れてしまうようです。これは相手の事情なので、美人やイケメンが努力で解決できる問題ではないでしょう。とくに細かいことを気にしないタイプの恋人を見つけるしかありません。

美人・イケメンなのに恋人がいない理由を知って脱却するには

笑顔を欠かさないようにする

美人・イケメンが無意識でいるとどうしても怖い顔になってしまうものなので、まずは意識して笑顔を欠かさないようにすべきです。美男美女が笑顔になれば、周囲の人々も機嫌がいいのだと受け取ってくれるので、緊張感を持たず気軽にやり取りができるようになるでしょう。自然な交流ができるようになれば、美人やイケメンの中身を知ってもらえる機会が増えるはずです。

一期一会の縁を大切にする

たくさんの人に注目される美人やイケメンにも、いつか容色が衰えて声がかからなくなる日は必ずくるものです。恋人になる人はどこかにいるわけではなく、目の前にいるのだということを意識して、人との縁を大切にしてみましょう。もっといい人はどこかに存在するかもしれませんが、実際のところ出会えなければまったく意味はないのです。

恋愛に積極的に行動する

美男美女というものは、つい恋愛に対して受け身になりがちです。しかし自分の好きな人に気持ちを伝えるには、やはり積極的に行動したほうが好印象といえるでしょう。失敗したり一生懸命な姿を見せることで、何を考えているかわからないすました外側だけではなく、本当の中身が見えてくるのです。いつまでも待ちの姿勢では、中身を見てもらうきっかけは掴めないままでしょう。

本音で話せる相手を探す

美人・イケメンに必要なのは、本音を言い合える対等な関係の相手です。外見を気にせず話すことができる相手は、精神的な繋がりを大切にしてくれて、利己的に何かを奪おうとはしません。勝手な理想を押し付けず、ありのままの存在として受け入れてもらうことができれば、美人やイケメンでも恋愛に前向きな気持ちになれるはずです。

まとめ

美人やイケメンに恋人がいないのは、その人それぞれに理由があるものです。絶対に恋人がいなければいけないわけではありませんが、もし気になる美男美女がいるのなら、普通に1人の人間として話をしてみましょう。美人やイケメンを特別視したり、良かれと思って勝手なイメージで決めつけたりすると、せっかくの縁が切れてしまうかもしれないので注意してくださいね。

 

以下の記事も良ければ参考にしてみてください。

恋愛に興味がないのは病気なの?男女別の特徴を含め解説!