やる気が出る映画5選!仕事のやる気が出る映画

「やる気が出る映画が見たい」だったり、「やる気を出すために映画を見たい」と考えている方は少なくないのではないでしょうか?
仕事をする為にやる気が出る映画が見たかったり、恋愛やプライベートで嫌なことがありやる気を出したいという方は必見。今回はやる気が出る映画を10個厳選してご紹介します。やる気が出る映画が見たい方、映画でやる気を出したい方はぜひこの記事を参考にしてみて下さいね ♡

やる気が出る映画が見たい!

「やる気が出る映画が見たい」と考えている方は少なくありませんよね。
どうせ映画を見るなら、仕事やプライベートのモチベーションになるやる気が出る映画を見たいと考えているあなたは大正解です。映画を見るという行為はやる気を出すにはとってもおすすめの方法なんです。
今回は仕事のやる気を出したい方や勉強のやる気を出したい方、恋愛やプライベートのやる気を出したい方に向けてシチュエーション別に「やる気が出る映画」をご紹介していきます!

仕事のやる気が出る映画①「L.A.ギャングストーリー」

やる気が出る映画の中でも「仕事のやる気が出る映画」が見たいという方にはL.A.ギャングストーリーがおすすめです。
特に大きな仕事を控えた男性や、仕事において辛い局面に立たされている方にはとてもやる気が出る内容になっています。L.A.ギャングストーリーを見終わった後にはやる気が出るどころか、何か大きな仕事をやり遂げたいという欲求が湧いてくる内容となっています。あらすじは下記です。

1949年ロサンゼルス、ギャング王ミッキー・コーエン(ショーン・ペン)はドラッグや銃器売買、売春などで得た金で街を牛耳っていた。警察や政治家も意のままに操るコーエンに誰も歯向かえずにいたが、街の平和を取り戻すべく6人の男たちが立ち上がる。ロサンゼルス市警のジョン・オマラ(ジョシュ・ブローリン)とジェリー・ウーターズ(ライアン・ゴズリング)らのチームは、身分を隠し闇社会に戦いを挑んでいく。

やる気が出る映画②「バーレスク」

シンプルに「やる気が出る映画」として絶対にご紹介したいのがバーレスクです。派手な演出やゴージャスな映像で組み立てられたバーレスクは心の底が明るくなって自然にやる気が出る映画となっています。
特にダンスやミュージカルが好きでやる気が出る映画を見たいと考えている女性には間違いなくおすすめできる作品です ♡あらすじは下記のようになっています。

歌手になる夢を追い掛けているアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、セクシーなダンサーたちが毎夜ゴージャスなショーを繰り広げているロサンゼルスのバーレスク・クラブで働くことに。オーナーのテス(シェール)のもと、たぐいまれな歌唱力と傑出したダンスの才能を花開かせていくアリは人気者となり、クラブは盛況を極める。

仕事のやる気が出る映画③「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

仕事のやる気が出る映画として圧倒的な人気を誇るのがウルフ・オブ・ウォールストリートです。やる気が出る映画が見たいと考えている男性で、この映画を見たことがない方がいれば今すぐ即決して下さい ♡男性なら誰しも憧れる仕事の成功、サクセスストーリーを描いたまさに「やる気が出る映画」です。あらすじは下記のようになっています。

学歴や人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアを次々と繰り出しては業績を上げ、猛烈なスピードで成り上がっていく。そして26歳で証券会社を設立し、約49億円もの年収を得るまでに。富と名声を一気に手に入れ、ウォール街のウルフという異名で呼ばれるようになった彼は、浪費の限りを尽くして世間の話題を集めていく。しかし、その先には思いがけない転落が待ち受けていた。

やる気が出る映画④「ボヘミアン・ラプソディ」

2019年に話題となった「やる気が出る映画」と言えばボヘミアン・ラプソディです。ボヘミアン・ラプソディは明るい映像や音楽でやる気が出る映画だという印象が強いですが実はストーリーにもやる気が出る要素がたくさん。成功者には数え切れない努力が隠されていることが感じられる作品です。クイーンを知らない方でもやる気を出すことができる映画ですよ ♪あらすじは下記です。

1970年のロンドン。ルックスや複雑な出自に劣等感を抱くフレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)は、ボーカルが脱退したというブライアン・メイ(グウィリム・リー)とロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)のバンドに自分を売り込む。類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え、さらにジョン・ディーコン(ジョー・マッゼロ)も加わってクイーンとして活動する。やがて「キラー・クイーン」のヒットによってスターダムにのし上がるが、フレディはスキャンダル報道やメンバーとの衝突に苦しむ。

やる気が出る映画⑤「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

「やる気が出る映画」の中で、少し泣けて明日への活力が沸く作品が東京タワー オカンとボクと、時々、オトンです。家族の為にがんばろう、ありがとうを伝えよう。そんな温かい感情と共に不思議と明日へのやる気が出るのがこの映画の魅力ではないでしょうか?やる気が出る映画の中でも人生のバイブルになったという意見が多いのが東京タワー オカンとボクと、時々、オトンです。
あらすじは下記のようになっています。

1960年代。3歳のボク(オダギリジョー)は、真夜中に玄関の戸を蹴破って帰ってきた酔っぱらいのオトン(小林薫)にいきなり焼き鳥の串を食べさせられてしまう。オトンに手を焼いたオカン(樹木希林)はボクを筑豊の実家に連れ帰り、妹の“ブーブおばさん”の小料理屋を手伝いながら、女手一つでボクを育て始めるのだった。

やる気が出る映画を見よう!

今回は「やる気が出る映画」を厳選してご紹介しました。いかがでしたでしょうか ♡
仕事のやる気を出したい時や気分を変えたい時に映画を見ることはとても良い方法です。やる気が出る映画が見たい方、映画でやる気を出したい方はぜひこの記事を参考にしてみて下さいね ♡

     

おすすめ記事

スポンサードリンク