初デートでの失敗。2回目のデートに繋げる挽回方法5選!

初デートで失敗してしまうことは意外に多いのではないでしょうか?そんな初デートでの失敗を挽回する方法をご紹介します。初デートでの失敗を取り戻し、2回目のデートにつなげるには、いくつかの方法があります。挽回方法を5個紹介していくので、初デートの失敗で失った印象を回復させて、2回目のデートの約束を取り付けましょう。

初デートの失敗とは?よくある失敗5選

初デートの失敗とは、どのようなものがあるのでしょうか。ここではよくある初デートでの失敗を紹介していきます。失敗の種類に応じて、挽回の方法も変わってくるので、ここであなたが失敗したと思う部分を振り返ってみましょう。案外、失敗したと思っていても軽いものの可能性もあります。あまり落ち込んだりせずに一度、落ち着きましょう。

初デートでの失敗1:話過ぎた又は話さな過ぎた

初デートでの失敗1つ目は、話過ぎた又は話さな過ぎたというものになります。初デートで舞い上がってしまい、ついつい盛り上げようとして、相手の話を聞かずにこちらの話ばかりしてしまったということはあるのではないでしょうか。逆に、緊張してしまい全然話せなかったということもあると思います。これは本人にとっては、大きな失敗に感じてしまうかもしれませんが、相手によっては気にならない可能性がある失敗になります。

初デートでの失敗2:寝不足等、調子が悪い状態でデートした

初デートでの失敗2つ目は、寝不足等、調子が悪い状態でデートに臨んでしまったです。これは、デートが楽しみで前日の夜にあまり寝ることができなかった場合に起きる失敗です。ただし、素直に遠足の前の小学生のような状態になったと伝えれば、相手も嫌な気はしないと思います。変に取り繕ってしまった場合は、後ほど紹介する挽回方法で相手の信頼を回復しましょう。

初デートでの失敗3:相手に踏み込みすぎてしまった

初デートでの失敗3つ目は、相手に踏み込みすぎてしまったです。初デートで既に結婚したいと思ってしまった場合に起こる失敗になります。相手の家庭環境や仕事内容の詳細、収入等を執拗に聞いてしまった場合、後々冷静になったときに失敗したと思うことがあるようです。これは相手によっては致命的に関係悪化の可能性があります。早急に挽回方法を実践し、好感度の回復を図りましょう。

初デートでの失敗4:デートプランを相手任せにした

初デートでの失敗4つ目は、デートプランを相手任せにしたです。事前にデートプランについて、決めていなかったやどちらかが決めると言い出さなかった場合に、起こりうる失敗になります。いざ、初デートで待ち合わせ場所に集まった際に、お互いにノープランなのに、相手に対して、どこに行きたいのか決めてといった場合、失敗したと後々思うかもしれません。

初デートでの失敗5:金銭面でのゴタゴタ

初デートでの失敗5つ目は、金銭面でのゴタゴタになります。特に、年の差がある相手とのデートで起こりやすい失敗になります。相手が奢ってくれるのが当然と思い込み、財布を出さなかったら嫌な顔をされることもあるでしょう。相手は、あなたと対等に過ごしたいと思っていた場合、奢ってもらうのが当然と思われていては、いい気はしません。反対に、相手が奢ってもらいたいと思っていたのに、こちらから割り勘を提案した場合、失敗したと思うケースもあるでしょう。

初デートの失敗の挽回方法5選

よくある初デートの失敗を紹介しましたが当てはまるものはあったでしょうか?ここからは2回目のデートに繋げるための挽回方法を紹介していきますので、失敗に応じた、挽回方法を実践し、2回目のデートにつなげましょう。

初デートの失敗の挽回方法1:素直に謝る

初デートの失敗の挽回方法の1つ目は、素直に謝るです。「今日は緊張してしまってあまり話せなくてごめん」であったり、「初デートで舞い上がってしまい、ついつい話過ぎてしまった」と相手に伝えれば、余程、相手の印象が悪くなっていない場合は、次回のデートに繋げることができるでしょう。また相手に踏み込んだ質問をしてしまった場合も、「ずっと一緒に居たいと思ったから、色々聞いてしまった」といえば相手も嫌ではないと思います。

初デートの失敗の挽回方法2:LINEやメール、電話でフォローする

初デートの失敗の挽回方法の2つ目は、デート後にLINEやメール、電話でフォローするです。寝不足が原因だったにも関わらず、ごまかしてしまった場合は、素直に「前日から楽しみであまりよく寝ることできなかった」と伝えましょう。相手からすれば、それだけ楽しみにしてくれていたとわかれば、嬉しく思ってもらえるはずです。次からは、すこしゆっくりして午後から会おうと言えば、相手も悪い気はしないでしょう。後回しにしてしまうと連絡し辛くなっていくため、家についたらすぐに相手にフォロー連絡をするのがいいでしょう。

初デートの失敗の挽回方法3:普段の自分ではなかったとアピールする

初デートの失敗の挽回方法3つ目は、普段の自分ではなかったとアピールするです。初デートは緊張や焦りから空回りしてしまうものもあるものです。相手に対して、いつもの自分を出せなかったとアピールするのは、挽回方法の一つです。アピールの方法は、電話でもLINEでもいいと思います。とにかく相手に対して、いつもの自分ではなかったと伝えるのがいいでしょう。

初デートの失敗の挽回方法4:奢ってもらったことへのお礼と感謝を告げる

初デートの失敗の挽回方法4つ目は、奢ってもらったことへのお礼と感謝を告げるです。奢る奢らないで、結局奢ってもらった場合の挽回方法になります。相手が気持ちよく奢ってくれているかわからない場合は、改めて、LINEや電話で感謝と御礼を伝えるのがいいでしょう。仮に相手が奢らされたという感覚だったとしても、御礼を丁寧に言われれば、あなたへの認識は変わるでしょう。また次回は自分がご馳走すると伝えればスムーズに2回目のデートに繋げることができるのもこの挽回方法のメリットになります。特に社会人の場合は、マナーに厳しいこともあるので、必ず実践した方がいい挽回方法になります。

初デートの失敗の挽回方法5:今日あった嬉しかったことや楽しかったことを伝える

初デートの失敗の挽回方法5つ目は、今日あった嬉しかったことや楽しかったことを伝えるです。相手も失敗してしまったと思っているケースもあります。そこにあなたから「今日行ったレストランがおいしかった」や「今日行ったイベントが楽しかった」と連絡が入れば、相手もあなたが楽しんでくれていたことに安心するはずです。また感情表現が苦手な人でも、メールやLINEであれば、自分が今日のデートを楽しんでいたことが伝えやすいでしょう。

初デートの失敗挽回後、2回目のデートで気を付けることは?

初デートの失敗を挽回し、2回目のデートの約束を取り付けられたら、注意することをご紹介します。初デートでの失敗を繰り返さないよう注意点を確認して、2回目のデートを成功させましょう。

2回目のデートで気を付けること①:落ち着いた場所を選ぶ

2回目のデートで気を付けることの一つ目は、落ち着いた場所を選ぶです。初めのデートでは、会話を持たせるために映画やウインドーショッピング等を選びがちですが、2回目のデートは落ち着いて色々話せるところを選ぶほうがいいでしょう。また初デートで緊張してあまり話せなかったと思っている場合は、案外落ち着いた場所でデートしたほうが、話をできる場合があります。相手のことを知るために、2回目のデートでは静かな場所を選ぶといいでしょう。

2回目のデートで気を付けること②:相手の話をじっくり聞く

2回目のデートで気を付けることの二つ目は、相手の話をじっくり聞くです。相手の話をじっくり聞くことで、相手は自分に興味を持ってくれていると思ってくれます。興味をもってくれることを嫌だと思うことは少ないので、あまり自分の話をしすぎずに、相手の話を聞くスタンスで臨むのがいいでしょう。

2回目のデートで気を付けること③:初デートと同じ話はしない

2回目のデートで気を付けることの三つ目は、初デートと同じ話はしないです。一度話した話題を覚えられていないのは、相手からすると悲しいものです。人によっては、自分に興味がないのではないかとネガティブな感情を抱く場合もあります。2回目のデートの前に、初デートでの話題を思い出し、同じ話はしないように気をつけましょう。またもし、同じ話をしてしまった場合、「あの時は緊張してていっぱいいっぱいだったから改めて聞きたい」等のフォローを忘れないようにしましょう。

初デートの失敗は挽回できる!挽回して2回目のデートに繋げよう

初デートの失敗は挽回できます。初デートの失敗を振り返って、反省し、適切な対処を行い2回目のデートにつなげましょう。

2回目のデートの前に男性の好きのサインを確認したい人は以下の記事で事前に好きのサインを確認しましょう。

男性心理で好きのサインは?好意がある時の行動と態度12選

この記事を読む


東京にお住まいの方は、2回目のデートにこちらのスポットを使ってみてはいかがでしょうか。まったりしたデートで、相手の話もしっかりきけるはずです。

東京都内のまったりのんびりデート!おすすめの場所5選♡

この記事を読む


初デートでの失敗で落ち込んだりせずに、紹介した挽回方法や2回目のデートでの注意を読んで、2回目のデートが成功し、彼や彼女と楽しい時間を過ごせることを祈っています♡

     

おすすめ記事

スポンサードリンク