弊社と当社の使い分けや違いは?わが社や自社についても紹介

「弊社」と「当社」の使い分けの方法や違いについて、明確に説明できる人は意外に少ないのではないでしょうか。また「弊社」や「当社」と近しい意味で使われるもので「自社」「わが社」「小社」といったものもあります。類義語と併せて、「弊社」と「当社」の使い分けと違いについて、解説していきます。「弊社」と「当社」の意味を正しく理解して、ビジネス上間違って使わないようにしましょう。

弊社と当社のそれぞれの意味や使い方の注意点は?


メールや書類に記載する際に「弊社」と「当社」どちらが適当なのか、悩むシーンがビジネスにおいてあるでしょう。特にまだ入社して間もない新社会人の方は先輩に聞きづらかったりする中で使い分けなければならないこともあるでしょう。この記事を読んで「弊社」と「当社」の使い分けを正しく学び、もし先輩になったときに、後輩が困っていたら説明してあげてください。

「弊社」の意味とは?

「弊社」の意味は、自分の会社について、相手の会社よりも下に表現するときに使います。「弊社」は謙譲語になっており、へりくだった表現になります。

「弊社」を使うときの注意点

「弊社」を使うときに以下の2つは誤った使い方になるので、絶対にやめましょう。

・自分の社内で自社について話すとき
上司や役員と話すときに緊張するといった経験をする人は、少なくないでしょう。そういった状況でついつい「弊社」と言ってしまうこともあるかもしれません。しかしながら、社内で話す際に「弊社」を使うのは間違っているので、使わないようにしましょう。

・相手の会社に対して「弊社」を使う
「弊社」は前述のとおり、謙譲語です。そのため、相手の会社に対して使うのは非常に失礼にあたります。商談やメールでも絶対に使わないように気をつけましょう。

「当社」の意味とは?

「当社」の意味は、自分の会社と相手の会社を対等な立場として表現するときに使います。どのようなタイミングで使うのが適切かは以下のような3つが挙げられます。「当社」を適切に使えるよう覚えておくといいでしょう。

・自分の会社と同業他社を比較するとき
・相手の会社とトラブルになり、あくまで立場を同等と表現するとき
・社内での話し合い等で「自社」を表現したいとき

「弊社」と「当社」の違いは?


「弊社」と「当社」のそれぞれの意味を紹介しましたがいかがだったでしょうか。以下に違いをまとめたので、比較して意味を復習しましょう。

立場の違い

「弊社」:相手にへりくだる場合に使用する
「当社」:相手を同等の立場にいたい場合に使用する

使用タイミングの違い

「弊社」:打ち合わせやメール、提案資料等
「当社」:同業他社との比較表現の際、社内で自社を表現する際、相手の会社と自社を対等に表現しなければならない場合

「弊社」と「当社」を使った例文は?


「弊社」と「当社」を使った例文について、いくつか紹介しますので、確認しておきましょう。

「弊社」を使った例文

・平素より「弊社」のサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
・「弊社」の強みは特許を取得している○○を使用した独自技術になります。
・ご提案いただいた内容は、「弊社」内で検討いたします。
・「弊社」の社員一同、尽力いたします。
・「弊社」のスタッフにお申し付けください。

「当社」を使った例文

・「当社」と同業他社の違いは○○になります。
・「当社」の下半期の目標数字はこちらになります。
・「当社」比で120%改善した事例が多数ございます。
・「当社」がとったアンケート結果によると
・「当社」は業界全体で1位の売上高を誇ります。

「弊社」と「当社」の類義語は?


「弊社」と「当社」の類義語にはどのようなものがあるのでしょうか。よく類義語として紹介されるものに「わが社」「小社」「自社」の3つがあります。それぞれどういった意味なのかも覚えて「弊社」や「当社」と混在しないように注意しましょう。

「弊社」「当社」の類義語①:わが社

「わが社」は謙譲表現ではない為、「当社」に近い表現になります。重役や社長等が社員に向けて、自社の話をするときに【「わが社」は○○に今後力を入れていきます。】といった形で使っているのを聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

「弊社」「当社」の類義語②:小社

「小社」は言葉の組み合わせからも意味を推測しやすいかもしれませんが、「弊社」に近しい表現になります。「小社」についてもへりくだった表現になり、謙譲語になります。「弊社」と比較するとあまり馴染みのない言葉かもしれませんが覚えておくといいでしょう。基本的には「弊社」を使っておけば問題はないでしょう。あえて「小社」を使わなくてもいいと思います。

「弊社」「当社」の類義語③:自社

「自社」はイメージとしては「当社」に近くなります。特に社内の人と自分の会社について話す場合は、「自社の○○は~」といった形で使うと良いでしょう。テキストに起こす場合は、「当社」でもいいですが、口頭で話す場合は、「自社」と表現したほうが伝わりやすいかもしれません。

弊社と当社を使いわけて一流の社会人になろう


「弊社」と「当社」の使いわけや意味、違いについて紹介しましたがいかがだったでしょうか。「弊社」と「当社」をしっかりと状況に応じて使い分けることで、取引先や社内の人との無用なトラブルを避けるようにしましょう。また「わが社」「小社」「自社」といった類義語についても意味や使い方を押さえておけば困ることはなくなるでしょう。「弊社」と「当社」を適切に使い分けて、一歩上のビジネスライフを送れることを筆者は期待しています。

     

おすすめ記事

スポンサードリンク