犬系男子ってなに?犬系男子の特徴やアプローチする方法を解説!

従順で、飼い主に一途な愛情を示してくれる犬のように、好きな人に対して誠実で愛情深い「犬系男子」。人懐っこく甘えてくれる犬系男子は、恋人になると楽しく、安心できるタイプでしょう。
そんな犬系男子と付き合うには、どんなアプローチをするのが効果的なのか、気になるところですよね。
そこで犬系男子の具体的な特徴や、好きな女性のタイプ、恋愛観などを徹底解説します!

犬系男子とは?

冒頭でも少しお話をしましたが、犬系男子とは、男性のタイプを大まかに犬と猫に分けて考えると、人懐っこく甘えん坊なタイプの男性をいいます。犬系男子は、人に喜ばれる行動を取るのが好き。特に自分の信頼している人や好きな人に対しては、誠実で一途な愛情を注ぎます。
また、寂しがり屋で放っておかれるのが苦手な面も。素直で分かりやすい性格ともいえるでしょう。

一方、猫系男子はマイペースで気まぐれなところがあります。他人にペースを崩されるのを嫌うため、恋人の束縛はNG。何を考えているのか分からないと思われがちです。しかし、好きな人にだけ甘える様子を見せるので、そのギャップがかわいらしく感じる女性も多いでしょう。

犬系男子の特徴は?

犬系男子の性格①:明るい

はつらつとしていて爽やかなところが犬系男子の一番の長所です。
穏やかな表情でいることが多く、その笑顔が周りの人を癒します。

その日の気分で機嫌が悪かったりすることがなく、感情の浮き沈みが激しくありません。
良く笑い、良く食べ、良く遊ぶので友達が多いのも特徴です。

その友達は男の子だけではなく女性に対して同じで、性別に関係なく分け隔てなく仲良くできます。

犬系男子の性格②:素直

とてもピュアで無垢なところがあります。そのため、基本的には人のことを信用しています。
そして、仕事を教えてもらう立場でも「はい」と素直なので上司からも気に入られます。

疑うことをしないので、人の話をそのまま真に受ける傾向があります。
すなわち、騙されても気付かないこともあるのです。
また、素直でまっすぐな瞳は、女性から見ると可愛らしいと好印象です。

犬系男子の性格③:人懐っこい

物怖じせずに人見知りをしません。
だから、初対面の人でも気軽に話しかけることが出来ます。

柔らかい雰囲気なので親しみやすく、色々な人から可愛がられます。
人懐っこいので年上からは弟のように思われて大切にされるのも特徴です。

また、仲良くなるとじゃれてきたり、いたずらしてきたりとまるで子供のようなところがあります。

犬系男子の性格④:正直

正直なので嘘がつけません。
そのため、人からも信頼されているのが犬系男子です。

だから、彼女ができたら浮気をすることはありません。
自分の気持ちに正直なので、好きならば好き、嫌いならば嫌いとはっきりと伝えます。

それが、正直過ぎて彼女を傷つけることもあります。
でも、彼女を傷つけないように嘘をつくことができないのです。

犬系男子の性格⑤:社交的

人とのコミュニケーション能力に優れていて社交的です。
誰とでも打ち解けるので人脈も広がります。

集団でワイワイするのが好きなので、バーベキューに行ったり、海に行ったりと、自ら企画することも多いのです。
また、誘われたら余程のことがない限り断ったりしません。

犬系男子の性格⑥:単純

素直であるがために単純な性格です。
他人に説得されるとすぐに流されたり、謝られたら酷いことをされたとしてもすっかり忘れて許してしまいます。

楽しいとはしゃぐし、悲しいと落ち込みます。
でも、単純なので励まされると元気になるし、気持ちを引きずることはありません。

犬系男子の性格⑦:感情豊か

喜怒哀楽がわかりやすいので、周囲が見ても楽しんでいるのか、怒っているのかが読み取れます。

また、映画を見て号泣したり、友達の結婚式で号泣したりします。
感動やさんで小さなことでも感情がゆさぶられて、泣いたり楽しんだりします。
恋愛してもその感情は素直に表すので彼女としては嬉しいでしょう。

犬系男子の性格⑧:真面目

犬系男子は真面目な性格です。
几帳面なところがあって、少し細かい部分もあります。

だから、仕事でもさぼったり、手を抜いたりすることができません。
言われたことはコツコツとやり遂げるタイプで仕事を任せる上では安心な人材と言えます。
そのため、融通が利かない面もあります。

犬系男子の性格⑨:心配性

ビビりで怖がりで小さい事をやたらと気にしたり心配性です。
そのため、一人で海外旅行に行ったりするのは苦手で、そんな時は必ず友達を誘います。

また、会社の面接や学校のテストでもやたらと緊張したり、前日に眠れなかったりと繊細な部分も持ち合わせています。

犬系男子の性格⑩: 寂しがり

一人でいるのが苦手です。
時間があれば誰かと一緒に居たいタイプです。

そのため、一人で食事に行ったり映画に行くこともありません。
一人で居ても手持無沙汰で結局、友達に電話やラインをしてしまいます。
勉強する時でも図書館に友人を誘ったりします。

犬系男子の性格⑪: 嫉妬深い

恋人に対しては独占欲が強くなってしまう傾向があります。
明るい性格なのですが、彼女もアクティブで友達が多いタイプだと心配になるのです。

大人数で友人たちとバーベキューなどに出かけたりして彼女も混じっていると、彼女と他の友人が楽しそうに話していると嫉妬したりします。
でも、顔に出やすいタイプなので、友人はそれに気付いて彼女と話すのをやめたりします。

犬系男子の性格⑫: アウトドア派

外で遊ぶのが大好きです。
スポーツが得意でどのような種類のものでも器用にこなせます。

特に団体競技が好きで、皆でサッカーしたりバスケしたりします。
季節が良くて天気が良いとデートはもっぱら外遊びです。
家でゲームしたり読書するよりも太陽の下で遊びたいのです。


犬系男子の性格⑬: 集団が好き

とにかく大勢の人と騒いだり一致団結したりするのが好きです。
彼女が出来るとすぐに友達に紹介して、一緒に遊んだりします。

だから、友達の友達ともすぐに仲良くなって、大きなグループになっていくのです。
そして、皆を取りまとめるのも上手でイベントを企画したり旅行を企画したりします。

犬系男子の性格⑭: 律義

受けた恩はしっかりと覚えていていつかは返そうと考えています。
助けてもらったり、困った時に手を差し伸べてくれた人に対してはずっと感謝していて、その人が困った時には全力で助けます。

また、一度お世話ななった人に対しては、定期的に連絡を取ったり、挨拶したりと礼儀正しいところもあります。

親や兄弟も大切にしていて、家族と一緒に出かけたり皆で食事ができる時間があれば急いで家に帰ります。
家族の中でもムードメーカー的な存在です。

犬系男子の性格⑮: 世話好き

おせっかいが好きで面倒見がよく、誰かに何かを教えたり手伝ったりするのが得意です。
誰かに頼まれごとをしたら喜んで力を貸してくれます。

また、気配りもできるので食事の席で飲み物がなくなったら注文してあげたりします。
その上、人懐っこいので、会社や学校の後輩に慕われることも多く、そういう年下の面倒を見たりするのも苦になりません。

犬系男子の性格⑯: フットワークが軽い

身軽で行動力があります。
それは、思ったことはすぐに実行に移すということです。

例えば、あの場所に行きたいと思ったらすぐに出かけるし、会いたいと思ったらすぐに会いに行きます。

また、初対面の人と会うのは緊張するし気も使うので億劫になる人も多いでしょう。
しかし、そういったことを面倒だと思わずに気軽に会いに行くのです。

犬系男子の性格⑰: お調子者

人を盛り上げたり冗談を言ったり、楽しい話しをします。
また、持ちあげられると調子に乗るところもありノリが良く、場の雰囲気を盛りたててくれます。

そして、恋人におだてられるとお願いを聞いてくれたりする優しいところもあります。

犬系男子の性格⑱: 隠し事が苦手

嘘をついたり秘密を持ったりするのが出来ないタイプです。
そのため、恋人にサプライズしようとしても相手にばれてしまいます。

なぜなら、落ち着きがなくなったりドキドキしてしまったり、行動がおかしかったりするからです。
しかし、恋人からすると馬鹿だなと思う反面、そういうところが犬系男子の可愛いところと思っています。

犬系男子の性格⑲: 立ち直りが早い

悩み事があってもうじうじしません。
悲しいことがあっても、励まされたりするとすぐに元気になります。

たとえ、失敗したりミスしたりすることがあっても、気持ちを引きずらないで切り換えて次のことに取り組めます。

また、友達が落ち込んでいたりしてもいつも励ましてくれて一生懸命に元気づけようとしてくれます。

犬系男子の性格⑳: 甘えん坊

基本的には表には出しませんが頼られるよりも頼りたいと思っているタイプです。
彼女が出来るとベタベタしたがりますし、手をつないだりハグをしたりというボディタッチも大好きです。
それも、犬系男子は可愛いところがあるので甘えられると女性も許してしまいます。

犬系男子の性格㉑: 感受性が豊か

繊細な一面があり心の感情が豊かです。
喜んだり、悲しんだりと感情を素直に出します。

美味しいものを食べている時にはニコニコしていたり、ドラマを見て泣いたりします。
そういう姿に女性はキュンとくるのでしょう。

犬系男子の性格㉒: 褒められると伸びるタイプ

叱られて悔しい気持ちを引き出して能力を伸ばすよりも、良いところを褒めて伸ばすタイプです。

彼女から「今日の洋服可愛いね」と言われたら、一生懸命洋服に気を使うようになったりします。

犬系男子の性格㉓: 空気が読める

天真爛漫ですが意外にその場の雰囲気をつかむと特技があります。
人との交流が多い環境にいるので見る目があるのでしょう。

誰かが落ち込んでいたりするといち早く気付きますし、話の輪に入れない人がいれば話しかけたりします。
天真爛漫なイメージの犬系男子ですが、気をつかうところは気を使っているのです。

犬系男子の性格㉔: 独占欲が強い

嫉妬深いということはその人を自分だけのものにしたいという面もあります。
特に彼女に対しては自分のことを一番に考えほしいと思っているので、気持ちが少しでも向いていないと嫉妬して、その気持ちから自分に振り向かそうとします。
だから、連絡が頻繁になり、会う回数も増えたりするのでしょう。

犬系男子の性格㉕: 人に尽くすのが好き

人を喜ばせることが大好きです。
頼まれごとをすると断らずに快く引き受けてくれます。
彼女や友人が困っていると手を差し伸べますし、ボランティア活動したりします。

犬系男子の恋愛傾向は? 見た目はどんな女性に惹かれるのか

犬系男子はどのような女性に惹かれるのでしょうか。
ここでは、犬系男子の恋愛傾向を基に、好きな女性のタイプをまとめました!

包容力があり、甘えさせてくれる

犬系男子は、自分を立てて頼ってくれる一方で、ふたりのときは甘えさせてくれる人に惹かれます。ただ彼の言うことを聞く「尽くす人」が好きなのではなく、ちょうどよい距離で彼を優しく見守り、必要なときには愛情を注いでくれる「包容力のある人」が好みといえるでしょう。

アクティブで社交的

休みの日は恋人と行動をしたい、犬系男子。彼のやってみたいことを恋人も一緒に楽しんでくれることを望んでいます。フットワークが軽く、いろいろなことに挑戦できる、アクティブな女性は相性がいいです。
また、犬系男子は友人との付き合いも多いため、苦もなく彼の友人とも交流できる社交的な女性がいいといえます。

喜び上手で褒め上手

犬系男子は、褒められると伸びるタイプ。ささいなことでも、何かをしてもらったときに、「ありがとう!」「嬉しい、さすがだね!」と笑顔で素直に喜びや感謝の気持ちを伝えてくれる人に惹かれます。
彼に直してほしいところがあっても、褒め上手な女性であれば、相手を嫌な気持ちにさせずに良い方向へ持っていくことができます。
犬系男子は、相手が本当に喜ぶことをしたいと思っているので、どうしてくれたら嬉しいのかを、しっかり言葉で伝えられる人がいいでしょう。

芯があり、自立している

犬が一貫した態度を取る飼い主により信頼を寄せるように、犬系男子は自分の意見がしっかりとあり、自立した精神を持った女性に惹かれます。
恋人には甘えたい、常に一緒にいたいと思う犬系男子ですが、どんなに夢中になっても、相手から依存されるのは好きではありません。
また、興味の幅が広く、いろいろなことをやりたくなるタイプなので、デートを任せすぎると、ぐだぐだになる場合も。
決断力があり、彼のリードをしっかりと握れる女性が尊敬されるでしょう。

犬系男子の恋愛傾向の特徴【言動・態度・仕草】

犬系男子の態度や言動、仕草における特徴をご説明していきます。ここでは犬系男子のセリフや髪型、ファッションなどに関する特徴が4つ登場しますよ。犬系男子との会話のきっかけや話題として使える特徴もご説明しますので、犬系男子とコミュニケーションを取りたいという方はぜひ頭に入れておいてくださいね。

大人数で出かけることが好き

犬系男子はアクティブさも持っており、大人数で出かけることを好みます。バーベキューやキャンプ、スポーツなどの屋外でわいわいできるイベントに出かけると、犬系男子は一段と張り切っていますよ。また、犬系男子は人を喜ばせるのが好きな性格なので、大人数で出かける計画も積極的に立ててくれます。

髪型やファッションに気を遣う

意外に感じる方もいるでしょうが、髪型やファッションに気を遣うという点も犬系男子の特徴のひとつとして挙げられます。ただ、飛び抜けておしゃれというわけではなく、自分に似ている芸能人の髪型やファッションを真似したり、トレンドをそれなりに意識したりする程度です。その適度なおしゃれさが、多くの女性からの好感度の高さにもつながっています。

犬系男子は感情をストレートに表現するため、意図していなくともクサいセリフを口にしてしまうこともあります。そういった際にも周囲を凍りつかせることなく「クサいセリフすらかわいい」とさらに好感度を上げるのも、犬系男子の特徴だと言えるでしょう。

感情を隠すことができない

犬系男子の態度における特徴としては、感情を隠すことができないという点も挙げられます。言葉にしなかったとしても顔に表れてしまい、相手に感情が伝わってしまうこともしばしばです。そのため、犬系男子は考えていることが分かりやすいというイメージを多くの方が持っています。

犬系男子の恋愛傾向や恋愛観は?

明るく素直な性格で一途な愛情を持つ犬系男子は、恋人として魅力的なタイプといえます。
そんな犬系男子はどのような恋愛観があるのでしょうか。気になる恋愛時の心理を解説します!

愛情表現がストレート

喜怒哀楽の表情が豊かな犬系男子。
好きな人に対しては、「好き」「一緒にいたい」と言葉で直接伝えてくれたり、連絡を小まめにくれたりと、ストレートに分かりやすく好意を示します。
興味がある人に対してしっかりと目を見て話すので、女性はドキッとさせられるでしょう。

ふたりのときは甘えたい

恋人に構ってもらいたい欲求が強く、放っておかれると寂しさから不満を抱いてしまいがち。
特に好きな人とは「常に一緒にいたい」と感じています。恋人に対してはスキンシップも多く、甘え上手です。犬系男子は母性本能をくすぐるのがうまいといえるでしょう。

相手が喜んでくれることが自分の喜び

好きな人の喜ぶ顔が好きな、犬系男子。
ロマンチックな演出も好きなので、恋人に対し突然、好きなものを買ってくるなどのサプライズを行うことも。
そんなときは、少し大げさなくらい感謝や喜びの気持ちを表現すると、犬系男子の心が満たされるでしょう。
どんなことをすれば相手が喜ぶのか、よく観察しているので、「髪を切った?」「新しい服を買った?」など細かい点にもよく気付いてくれます。

褒められると伸びるタイプ

褒められることが好きで、ささいなことでも「さすがだね」「頼りになる!」など肯定的な言葉を伝えられると、モチベーションが上がります。
恋愛においても、恋人から褒められたり感謝されたりすると、愛情がより深まるタイプです。

外では立ててほしい

頼られるとやる気になる犬系男子。
恋人には「自慢の彼氏」と思ってほしいと感じており、ふたりきりのときは甘えん坊でも、外ではしっかり者な一面を見せていたいと思っています。
みんなの前ではしっかりしているのに、ふたりきりのときはかわいらしくなるため、ギャップにもえる人は多いようです。

犬系男子にアタックする方法は?

アプローチ方法1:男性らしさを褒める

犬系男子は普段から「かわいい」と言われることが多い分、「かっこいい」と言われたい欲望が強いです。そこで男性らしいポイントについて褒めまくることで、気持ち良くさせましょう。

あまり大袈裟にやってしまうと逆効果ですが、褒めることで好印象を与えられます。また、男女の性差を意識させることで「この子のことを守らなきゃ」という意識を男性に持ってもらうことができます。いいなと思うところがあったらストレートに褒めてあげてください。

アプローチ方法2:悩みや、困ったことがあれば頼ってみる

コミュニケーション能力が高く、人付き合いが良い犬系男子は相談相手としても最適です。

相談を持ちかけることで2人だけの時間を作りやすくなります。基本的に誘いは断られないので、適度に間隔をあけて誘ってしまいましょう。何度か誘ううちに仲良くなる可能性が出てきます。仲良くなれたらLINEなどもしてみましょう。

犬系男子は寂しい時にLINEをする傾向があるので、そういう時に連絡できる人がと思わせられると距離が縮まりそうです。

アプローチ方法3.:たまにわがままを言って振り回す

犬系男子は自立していて甘やかしてくれそうな大人の女性が好きです。

しかし、いつでも彼女から甘やかされてばかりは嫌というのが男性陣の本音でしょう。たまには男らしいかっこいいことをして彼女から「カッコいい。頼りになる。」と言って欲しいと思っています。その願望を叶えてあげるためにもわがままを言ってみましょう。

あまり言い過ぎると自分勝手という印象がついてしまいますが、たまに言うことで男性に頼りにされているという実感を与えられるので、たまのわがままはオススメです。

アプローチ方法4:ストレートに好意を伝える

なんだかんだで体育会系なのが犬系男子の特徴。

ちょっと天然も入っているので、遠回しに好意を伝えても気付かないことがほとんどです。一緒にいて良い雰囲気になったら、迷わずストレートに好意を伝えてみましょう。ストレートな感情表現に弱い犬系男子はグッとくるでしょう。

またグイグイくる人は、しっかりしているイメージが強いです。甘えん坊な一面がある犬系男子は、そんなあなたを自立している女性と捉え、甘やかしてもらいたいと思うでしょう。

犬系男子と相性がいい女性とは?

犬系男子といっても特徴や心理には個人差もありますので、相性が良いとされる女性のタイプもいくつかあると言えます。まず相性が良い女性のタイプとして挙げられるのが、犬系男子のかわいい甘えを受け入れることができる母性の強い女性や癒し系の女性です。また、犬系男子をしっかりリードできる芯の強い女性や冷静なタイプの女性も相性が良いと言えるでしょう。

ただ、こちらでご紹介したタイプの女性でないと相性が悪いのかと言われれば、必ずしもそうではありません。「私は犬系男子と相性が悪いのか」と落ち込む必要はないのですよ。相性の良し悪しにこだわり過ぎず、犬系男子の特徴や心理を掴んでうまく付き合いを続けていくことが大切だと捉えておきましょう。

犬系男子と猫系女子

猫系女子は、冷静かつクールで、感情を表にあまり出しません。群れることや束縛されることを好まず、いたってマイペース。好きなものに対しては集中する一方で、嫌いなものに対してNOとはっきり意思表示することもできます。

犬系男子と正反対のタイプであるため、一見相性が悪いように思われやすいですが、お互いにないものを持っているので、相互補完し合える良好な関係を築けるのです。

猫系女子は、初対面の人にすぐ打ち解けることはほとんどありませんが、好きな人と二人きりになると、猫のように甘えてくるのが特徴です。

犬系男子は、自分にだけ見せてくれる表情や甘えるしぐさにキュンキュンするはず。ツンデレな猫系女子に魅了される、犬系男子は少なくないでしょう。

犬系男子とパンダ系男子

パンダ系女子は、ほんわかとした癒し系です。言動もおっとりしていて、口調ものんびり。パンダのような可愛らしさで和ませてくれます。犬系男子同様マイペースであるため、一緒にいても気を遣って疲れることがありません。

甘えるのが大好きな犬系男子にとって、いつでも甘えられるパンダ系女子は心の拠り所そのもの。パンダ系女子にとっても明るく元気な犬系男子といる時間は楽しく居心地よく、お互いが安心できる存在になるでしょう。

犬系男子と同じく正義感も強いので、やるべきことはしっかりとこなします。また、困っている人がいると放っておけない優しさ、好きな人に対して一途なところなど、犬系男子との共通点が多いのが特徴です。

犬系男子とウサギ系女子

ウサギ系女子は寂しがりやで、いつも誰かと一緒にいたいタイプです。相手の男性のタイプによってはウサギ系女子を面倒に感じることもあるかもしれませんが、犬系男子ならば問題ありません。

犬系男子も寂しがりやで、いつも誰かと一緒にいたいタイプであるため、似た者同士といえるでしょう。また、犬系男子は面倒見がよくマメなので、メールやLINEの返信も早く、ウサギ系女子が不安になることはほとんどありません。

ただ、犬系男子は社交的なため友達が多く、遊びに誘われることもしょっちゅう。そんな時、ウサギ系女子が寂しく感じることはあるかもしれません。

まとめ

犬系男子というとイメージが付きにくいですが芸能人で言うと田中圭さんや千葉雄大さん、玉森裕太などが該当するようです。あなたの周りには犬系男子がいましたか?いかにもモテそうな要素がたくさんで自分が好きになってもいいのか迷うでしょうが攻略法をしっかりと捉えてアプローチしていきましょう!

 

猫系男子に関する以下の記事も良ければ参考にしてみてください。

気まぐれな猫系男子の特徴や恋愛傾向を徹底分析!