結婚して失敗したと思った瞬間6選。結婚前に注意点をチェック!

結婚して失敗したと思った瞬間6選。結婚前に注意点をチェック!

「結婚して失敗した!」と感じている既婚者は珍しくありません。
あなたの周りにも、結婚前は幸せそうだったのに結婚後に「失敗した…。」と後悔している男性や女性はいるのではないでしょうか。

一般的に、結婚と言えば幸せの象徴ですよね。それでも、結婚して失敗したと感じて不幸せな状態に陥っている方は多いって、ご存知でしたか?

では、なぜ大好きな人と結婚したのに「失敗した!」と思ってしまうのでしょうか。今回は、既婚者のリアルな意見を参考に、結婚して失敗したと思った瞬間と原因についてご紹介します。

結婚後に失敗とならないように、結婚前に失敗例をチェックしておきましょう!

結婚して失敗したと思ったことはありますか?

結婚して失敗したと思ったことはありますか?

結婚して失敗したと思ったことはありますか?

結婚して失敗したと思ったことはありますか?
周囲に既婚者の方がいれば失礼を承知で聞いてみて下さい。
「大好きな人との結婚なんだから、失敗だと思うことなんてないよ!」と思い込んでいる未婚の方は、多いのではないでしょうか。

しかし、既婚者から意見を集めてみると、意外にも「結婚して失敗した」と答える方は多いことが明らかになっています。

では、なぜ大好き同士のふたりが結婚したのに、失敗という結論に至ってしまうのでしょうか。kinakina編集部と一緒に、結婚して失敗だと感じた瞬間を見ていきましょう!

結婚して失敗したと思った瞬間【恋愛編】

はじめに、恋愛面で「結婚して失敗!」と思った経験がある方の失敗談から見ていきましょう。

既婚者の意見を集めてみると、恋愛していた頃とは異なり、夫婦になってこそ分かるパートナーの本質が失敗の要因となっているようです。
恋愛と結婚は別とは言いますが、「結婚して失敗した」と思うほど変化が生まれれてしまうのでしょうか?
詳しい意見を見ていきましょう ♡

結婚して失敗したと思った瞬間【恋愛編】

結婚して失敗したと思った瞬間【恋愛編】

・結婚相手に魅力が無くなったと感じた瞬間

1つ目にご紹介する「結婚して失敗したと思った瞬間」は、魅力が無くなったと感じて失敗だと思った瞬間です。

  • 「結婚前はボディメイクにも気を遣って筋トレもしてたのに、結婚後に太って清潔感が無くなってしまったから」(40代/女性)
  • 「結婚後に初めてすっぴんを見たときは『失敗した!』と思いました。夫婦になってからはメイクも手抜きで正直キツイ…」(30代/男性)

結婚前は相手に嫌われないために綺麗な身なりを心がけていても、結婚後に気が緩んでしまうことは、よくあることです。

しかし、パートナーはそんな様子を見て、「魅力が無くなった」「失敗した」と感じます。入籍後も気を抜かず、いつまでも綺麗を維持することは、それだけ重要なポイントなんですね。

・結婚相手に思いやりが無くなった瞬間

2つ目にご紹介する「結婚して失敗したと思った瞬間」は、思いやりが無くなって失敗だと思ったというポイントです。

  • 「車道を率先して歩いてくれたり、荷物を持ってくれたり、彼のそういうさりげない優しさが好きで夫婦になったのに、結婚してからは一切やらなくなってしまった」(20代/女性)
  • 「何でもない日にもプレゼントをくれていたのに入籍後は誕生日プレゼントすら貰えなくなり、釣った魚に餌をやらないってこういうことなんだなと痛感した」(30代/女性)

恋人に対して、好きだからこそ色んなことをしてあげたいと思う方は多いのではないでしょうか。

でも、結婚を決めて、好きな人が自分と結婚したという安心感があると、「してあげたい」という気持ちが減ってしまうことも。

これは、決して愛情が無くなったという訳ではなく、自分の所有物になったという安心感が気の緩みに繋がって、起きてしまうこと。

気が緩んでしまうのは、男女問わず同じなんですよ。
気の緩みで「結婚して失敗した」と感じることはできれば避けたいものですよね。

・入籍をきっかけに性格が一変した瞬間

3つめにご紹介する「結婚して失敗したと思った瞬間」は、入籍をきっかけにパートナーの性格が一変したことで、失敗したと感じたことです。

  • 「結婚するまでは、いわゆる“尽くすタイプ”だった彼女が、妻になってからは全く尽くしてもくれないし、逆に自分が奴隷のように扱われるようになった」(30代/男性)
  • 「優しくてなんでもニコニコ肯定してくれていたのに、夫婦になってからはあれもこれもと自分の価値観を押し付けるようになった夫。もしかしてモラハラ夫…?結婚するまで分からなかった…」(20代/女性)

付き合っている頃はひた隠しにしていた本性が、入籍をきっかけに露わになることは、非常によくあるパターンです。

少し気が強すぎるくらいなら問題はありませんが、お互いの人格否定に繋がるほど性格が凶暴になるのなら、離婚を検討したほうが良いかもしれませんね。

結婚して失敗したと思った瞬間【お金編】

「結婚して失敗した」というパターンで意外と多いのがこの理由。
続いて、お金にまつわる理由で「結婚して失敗した」と思った瞬間をご紹介します。

お金に関する失敗は、夫婦にとって致命的なダメージになることも。お金で揉めないためにも、結婚してから金銭面で失敗してしまった瞬間を知って、失敗を避ける方法を学んでおきましょう。

結婚して失敗したと思った瞬間【お金編】

結婚して失敗したと思った瞬間【お金編】

・結婚相手の浪費癖が発覚した瞬間

1つ目にご紹介する金銭面で「結婚して失敗したと思った瞬間」は、パートナーの浪費癖が発覚したときです。

  • 「お金の管理が適当で、やりくりできない妻。ここまでお金にだらしない人だなんて、付き合っている間は分からなかった…」(40代/男性)
  • 「欲しいと思ったものをすぐに購入するから家計は火の車。浪費癖がすごくて、正直旦那の給料だけじゃやっていけない…」(20代/女性)

浪費癖があるパートナーに対して、将来への不安を覚える方は大勢いるそうです。

家計のやりくりができないことは、生活の破綻にも繋がるため、離婚する可能性がとても高まるそうですよ。

・結婚相手がケチすぎると感じた瞬間

2つ目にご紹介する金銭面で「結婚して失敗したと思った瞬間」は、ケチすぎるパートナーに対して失敗した!と感じた瞬間です。

  • 「生活において必要なものまで『もったいない!』と言って買わせてくれない。いつまでもボロボロのものを使うのはみじめで辛い…」(30代/女性)
  • 「異常なまでに節約をする妻。節約を優先するあまり、ふたりで暮らすことすら苦痛になってしまったので、つくづく結婚失敗を実感してしまった」(20代/男性)

お金を無駄遣いするパートナーに対して失敗を感じる人がいる一方で、あまりにもお金を遣わなさすぎるパートナーに対して失敗を強く感じる人も存在しています。

お金の話はとってもデリケート。だからこそ、共有財産の使い方に対して、シビアになってしまう既婚者も多いのですね。

・借金が明らかになった瞬間

3つ目ご紹介する金銭面で「結婚して失敗したと思った瞬間」は、結婚してから借金が明らかになって失敗!というケースです。

  • 「結婚して家計の管理をするようになって、旦那の借金が発覚。全く知らなかったので大変ショックでした…」(20代/女性)
  • 「結婚してしばらく経ったときに、妻が作った内緒の借金が発覚。借金額が驚くほど高かったので、今では離婚を検討しています」(30代/男性)

“金の切れ目が縁の切れ目”という言葉があるように、借金の発覚は夫婦関係に大きな亀裂を作ってしまいます。

場合によっては離婚が認められるケースも多い借金問題は、夫婦にとって非常に重大な問題です。

もし、借金を抱えている人は、結婚前に清算しておくことをおすすめします。

結婚して失敗したと思う理由と原因

ここまで、結婚して失敗したと思った瞬間について、既婚者の本音をご紹介してきましたが、失敗しないために対策したい!と思う方は男女問わず多いのではないでしょうか。

この項目では、そんな方々のために、既婚者が結婚して失敗したと思う理由と原因をkinakina編集部が解説します!

結婚した失敗したと感じるの理由と原因を知って、入籍前にできる限りの対策を行いましょう!

結婚して失敗したと思う理由と原因

結婚して失敗したと思う理由と原因

・結婚して失敗した理由と原因①「自由が無くなった」

結婚して失敗したと思う理由として、最も多く意見が寄せられているのが、「自由が無くなった」という理由です。

例えば、お金が無いからといって、やたらと節約を押し付けてきたり、外に遊びに行くことを制限したり、趣味に使うお金と時間が無くなってしまうことで、結婚して失敗したと思う既婚者は多いそうです。

・結婚して失敗した理由と原因①の対策方法

こうした失敗を避けるためには、パートナーとの距離感を大切にして、ある程度の自由を許すことをおすすめします。

いくら家族になったとはいえ、全てを管理する権利なんていうものはありません。束縛をし過ぎずに、柔軟に対応するようにしましょう。

また、あまりにもパートナーの自由度を無くしてしまうことは、パートナーの浮気を誘発することもあります。

愛情が消えてしまうことを避けるためにも、束縛するのをやめて、息抜きをさせることを心掛けると良いですよ!

・結婚して失敗した理由と原因②「気遣いがなくなった」

結婚して失敗したと思う理由として2つ目は、男女問わず当てはまる気遣いが無くなったということ。

夫婦になると今まで当然のように行っていた気遣いができなくなってしまいます。

具体例としては、おうちにいるからといって、朝から夕方までだらしない部屋着でいたり、身なりを整えなかったり、おならやゲップをパートナーの眼前で平気ですることなどが挙げられます。

これは、結婚したことで、恋人から夫婦に、そして家族になったことで、安心しきってしまってしまうことが原因です。

h3>・結婚して失敗した理由と原因②の対策方法

気遣いが無くなってしまうことは、パートナーを信頼している証拠でもあるので、絶対にやめるべきとまでは言えませんが、ふたりで暮らす上では、ある程度の気遣いをすることも重要となります。

具体的には、相手の気持ちを汲んで、恥じらいを持った言動を意識することで、自然と気遣いができるようになりますよ。

“親しき仲にも礼儀あり”を心掛けて、パートナーを尊重し合える素敵な関係を目指しましょう!

・結婚して失敗した理由と原因③「金銭感覚の違い」

結婚して失敗したと思う理由として3つ目に挙げられるのは、金銭感覚の違いです。

金銭感覚の違いが原因となって離婚に至る夫婦は珍しくありません。

やはり、お金の遣い方や管理方法は、失敗の理由になりやすく、男女問わず気を付けなければならないポイントと言えるでしょう。

お金の問題は非常に難しい問題です。

離婚の原因ともなるので、注意しましょう。

・結婚して失敗した理由と原因③の対策方法

金銭感覚の違いは、夫婦でじっくり話し合うことをおすすめします。

結婚前にきちんとお互いの金銭感覚を擦り合わせることで、結婚後に失敗してしまうリスクを軽減することができますよ。

また、片方のパートナーに経済的に依存しすぎている方も、「失敗したな」と思われやすいことが分かっています。経済的に自立できるように、何かしらのアクションを起こす必要があるでしょう。

結婚して失敗とならないように注意して!

結婚して失敗とならないように注意して!

結婚して失敗とならないように注意して!

今回は、結婚して失敗したと思った瞬間6選と、それぞれの理由と原因、そして対策方法をご紹介しました!

愛する人との結婚だからこそ、なるべく失敗となってしまうことは避けたいところですよね。そんな方にこそ、今回ご紹介した先輩夫婦たちの本音の意見が役立ちます。

パートナーに失敗だと思われないためや、自分がパートナーに幻滅してしまうことを避けるためにも、結婚前に注意点をしっかりチェックしておきましょう。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

     

おすすめ記事

スポンサードリンク