結婚相手の男性の理想の年収は?結婚生活に必要な年収最低ラインを分析!

結婚相手の男性の理想の年収は?結婚生活に必要な年収最低ラインを分析!

結婚する相手の年収は気になるもの。
女性の皆さんは「結婚相手の男性の理想の年収」について考えたことはありますか?

結婚してからどんな生活を送りたいかという希望によって必要な金額は変わります。
もちろん「好きな人と結婚できるなら、収入なんて関係ない!」と言いたいところですが、現実的に生活していくためには大切なポイントです。

年収によってどういった生活ができるのかイメージして、結婚生活に必要な年収のイメージをしてくださいね。

結婚相手の男性の理想の年収は?

結婚相手の男性の理想の年収は?

結婚相手の男性の理想の年収は?

「結婚相手の男性の理想の年収」と聞いて、どれぐらいの額が浮かびましたか?

「お金はあればあるだけいい」という女性もいるかもしれませんが、身の丈にあった生活というのも大切です。
ほしい子供の人数や、持ち家なのか賃貸なのか、旅行や趣味などへの楽しみ方などは年収によってどう変化するのかお伝えしますね。

ここからは「結婚相手の男性の理想の年収は?」というテーマで、結婚生活に必要な年収最低ラインを分析していきます。

男性の年収別での結婚生活のイメージを解説していきますので、結婚相手の男性の年収について悩んでいるという女性はぜひこの記事を参考にしてみて下さいね ♡

結婚相手の男性の年収が200万円の場合

結婚相手の男性の年収が200万円の場合

結婚相手の男性の年収が200万円の場合

結婚相手の男性の年収が200万円程度だという場合、結婚後はどのような生活になるのでしょうか?

年収200万円であれば、月に16万円の収入となります。
手元に実際に入ってくるのは13~14万円でしょう。
彼もしくはあなたの実家で生活するなど、家賃や光熱費の必要がなければ二人でも暮らしていくことは可能です。

ただし、二人で生活をするのであれば、住む家の条件は下げざるを得ません。
一般的に家賃の割合は手取り金額の3分の1程度と言われていますので、家賃に使えるのは4万円弱となります。

地方であれば二人で住むのに十分な広さの物件もありますが、都会での物件探しはかなり難しいでしょう。
また、家賃に加えて2人分の光熱費、食費、携帯代などもかなり節約しなければいけませんし、専業主婦になることは現実的ではありませんから、あなたも働きに出る必要があります。

結婚相手の男性の年収が300万円の場合

結婚相手の男性の年収が300万円の場合

結婚相手の男性の年収が300万円の場合

結婚相手の男性の年収が300万円の場合はどうでしょうか?

年収300万円であれば、月に25万円の収入となります。
手取りでも20~21万円はあるでしょう。2人分の生活も、贅沢をしなければ問題ありません。

でも趣味や旅行などの娯楽に使えるお金はほとんどないでしょう。
単純計算で家賃6万円、水道光熱費に1万5千円、携帯代が意外と高く2人で2万円として、外食などを極力控えた場合でも食費で4~5万円程度かかるのが平均です。

つまり約14万円は生活するのに必要でしょう。残りのうち日用品などの購入に必要な雑費や交通費などもありますが、貯金をすることも可能です。
残ったお金の中で二人分の保険加入もできますね。ただし、子供を育てたり車をもったりということを希望するならかなり節約をして貯蓄していくことが必要でしょう。

結婚相手の男性の年収が400万円の場合

結婚相手の男性の年収が400万円の場合

結婚相手の男性の年収が400万円の場合

結婚相手の男性の年収が400万円を越えてくると、少し生活にも安定が出てきます。

年収400万円なら、月の収入は33万円。
手取りでも28万円程度あるでしょう。

先ほど説明したように生活する上で必要な光熱費や食費、携帯代などのベースは変わりませんが、二人で住むのに十分な広さの家は借りられるでしょう。
高級車でなければ車の購入も検討できますね。もしくは子供を一人授かっても生活はしていけるでしょう。
贅沢を言わなければマイホームも夢ではありません。ただし、それに伴ってかかってくる費用も増えてきます。

意外と高い駐車場代や車の維持費、車検代も定期的にかかってきます。またマイホーム購入をすればローンの支払いなども発生します。
大きな買い物はできますが、計画的に進めていかないと家計を圧迫してくることになります。
そして、大きな買い物をした時には、趣味の習い事や外食を楽しむなどのお金の使い方は思うようにはできないかもしれませんね。
けれど贅沢せずに結婚生活を送るのに問題はないでしょう。

結婚相手の男性の年収が500万円の場合

結婚相手の男性の年収が500万円の場合

結婚相手の男性の年収が500万円の場合

結婚相手の男性の年収が500万円の場合の生活水準を見ていきましょう。

年収500万円なら、月に41万円。31~32万円の手取りがあります。
旦那さんだけ働いてあなたは専業主婦をしても暮らしていけるでしょう。

子供を二人授かっても小さいうちは問題なく生活できるでしょう。
ただし、子供が大きくなって学校に通い始めるようになると、学費や塾代、部活をしていれば部活にかかるお金も大きくなってきます。
そうなれば、あなたも働く必要がでてくることもあるでしょう。
食費も4人家族となると8~10万円くらいが1ヵ月にかかってくるのが平均です。また子供が高校や大学を選ぶときに、私立へ行かせる余裕はないかもしれません。

さらに県外で一人暮らしをする、ということになってくると奨学金などを申請したり、仕送りも十分にできなかったりともどかしい思いをするかもしれません。

結婚相手の男性の年収が600万円の場合

結婚相手の男性の年収が600万円の場合

結婚相手の男性の年収が600万円の場合

結婚相手の男性の年収が600万円の場合は生活にもかなり余裕が出てきます。

600万円の収入なら、月に50万円となります。
手取りでも40万円以上ありますので、十分貯蓄も子育てもできるでしょう。

また、年に数回の家族旅行やあなた自身の習い事へお金を使う余裕もあるかもしれませんね。
ある程度余裕があるがゆえに、どこにお金をかけるのかしっかり旦那さんとも話合うようにしましょう。
限られたお金の中であれば、使用用途も明確ですし、無駄な使い方もしないものです。

けれど、余裕が出てくることで使わなくてもいいものに使ったり、ついつい買いすぎたりということがでてきます。
今回お伝えしているお話は、彼の年収での暮らしの想定ですので、当然彼が稼いできたお金です。
夫婦間で「俺が働いて稼いだお金で…」というような会話は、今のご時世ナンセンスですが、あなたの気持ちの中では、彼が稼いできてくれたお金であるという認識は忘れないようにしましょう。

結婚相手の男性の年収が700万円以上の場合

結婚相手の男性の年収が700万円以上の場合

結婚相手の男性の年収が700万円以上の場合

結婚相手の男性の年収が700万円以上の場合は一般的に見ても贅沢な生活ができるようになります。

700万円以上あれば、最低でも月に58万円。
手取りでも50万円程の収入となり、高い水準の生活が送れますし、趣味などの娯楽に使っても貯蓄できるでしょう。

旅行も海外を選択することもできるはずです。
子供にも好きなことをさせてあげられるだけの余裕もあることでしょう。

ただし、億万長者でない限りお金は使えばなくなります。700万円~1000万円の間の年収であれば、移動にタクシーばかり使ったり、しょっちゅう外食でおいしいものを食べたりというセレブのような暮らしはできません。
本当にお金のことを気にせず買い物や食事を楽しむという暮らしを想像しているなら、すぐにお金は無くなってしまうでしょう。

基本的には一般的な水準の暮らしをする中で、子供のためや自分の趣味、マイホームにこだわりを少し追加するなどプラスアルファで感じられる贅沢を楽しむにとどめておきましょう。

結婚生活に必要な年収最低ラインは?

結婚生活に必要な年収最低ラインは?

結婚生活に必要な年収最低ラインは?

いかがでしたか?
年収によって生活水準やお金の使い方は大きく変わってくることがわかっていただけたかと思います。

平均的なお金の使い方をする家庭であれば500万円というのが安心して生活ができるラインですね。
結婚に必要な最低ラインとしては300万円以上ではないでしょうか。

ただし、今回お伝えしたのは旦那さんだけが働いている場合のお話です。
最近は共働きの家庭も当たり前になってきていて、企業側も結婚・出産をしても働きやすいような環境をつくろうと動いている企業は多くあります。
もちろん結婚する上でお金だけが大切ということではありませんが、安心して暮らせるだけの収入は必要です。
また、お金がないことで子供に不自由をさせるのも心苦しいと感じるかも。
あなたが育った家庭の収入の感覚と、彼の感覚とのずれがあると、結婚してからお金の使い方で合わないと感じることがでてくるかも。金銭感覚のずれが原因で離婚するカップルも少なくありません。
男性は付き合っているときに豪快にお金を使ってくれる男性は、結婚してからもその金銭感覚から抜け出せないかもしれませんね。
また、人は収入が増えればその収入に合った生活をするように変化していくものです。
でも、一度上げた生活水準を下げるのは難しいものです。これまで1人で使えたお金を2人で使うようになることになるので、結婚後そのリズムに早く慣れてもらうためにも、結婚前にお互いの金銭感覚を合わせておくことが大切です。

結婚相手の男性の年収は事前に分析しよう!

結婚相手の男性の年収は事前に分析しよう!

結婚相手の男性の年収は事前に分析しよう!

付き合っている男性に「収入は?」となかなか聞きづらいものです。彼の働いている会社名がわかればネットで調べて平均的な年収を知ることも可能です。
また、住んでいる家の家賃や買い物の仕方などで、ある程度の金銭感覚をつかむことは可能です。
フリーランスや自営業でなく、会社に勤めている人であればある程度予想ができることでしょう。
日常生活の中でも、お金に対する細かさなどから判断することができます。例えば、電気代や水道代などの光熱費は引き落としやクレジットカード払いにしている人が多く、月にどれくらい使っているかを把握している人が少ないのも事実です。

そういった金額を把握できている人は、無駄遣いをしないようにしているため、あまり余裕はない生活をしているかもしれません。
スーパーへエコバックをもっていったり、コインパーキングの単価を細かくチェックしたり、「無駄のないようにしているな」と気付けるポイントはたくさんあります。
お金がないということでなく、そういった倹約できる人は結婚後もお金の使い方が丁寧で、身の丈に合った生活ができる人でしょう。

結婚相手の年収と同じくらい金銭管理は大切

結婚相手の年収と同じくらい金銭管理は大切

結婚相手の年収と同じくらい金銭管理は大切

あまりにも細かすぎるとあなたが気疲れしてしまうかもしれませんが、節約することを一緒に楽しんでみるのも一つです。逆に付き合っているときにお金を好きなことにどんどん使っている男性で、あなたが金銭感覚に不安を感じるなら結婚前に改善をしておくべきです。もしかしたらあなたが思っている以上に収入があるかもしれません。
もし「収入に対して使いすぎでは…」と思うなら、デートの行き先にお金をあまり使わないものを提案してみるのもおすすめです。
その時には「お金使わない遊びにしない?」などと言ってしまうと「お金がないみたいに言うな」と怒らせてしまうこともあるかもしれませんので直接的な言い方は避けましょう。
今回お伝えした年収別の生活のイメージを参考に、あなたの中での結婚するために必要な年収の最低ラインを明確にして、彼との結婚が現実的に可能なのか、幸せなのかを考えてみてくださいね。

     

おすすめ記事

スポンサードリンク