結婚披露宴って一体何をする会?基礎知識を学んで準備をしよう!

結婚披露宴という言葉は耳にしたことはあるとは思いますが、いったいどんな事をすればいいのかハッキリとは分からないですよね。結婚披露宴とはそもそもどのような物なのか、結婚式とは違うのか。今更、聞くことができないような基礎知識をここでは解説をしていこうと思います。しっかりと知識を身に着けて何を準備をしたらいいのかを明確にして当日に臨みましょう。

【結婚披露宴の基礎知識 】披露宴ってなに?

結婚披露宴とは…結婚披露宴とは、結婚を広く発表するため親戚・知人・友人らを招いて催す宴会のことを言います。結婚披露宴は、宗教的色彩の濃い儀式としての結婚式(婚礼)と併せて開かれることが多く、結婚式と結婚披露宴を一体として結婚式(婚礼)ということもあります。

古くは、結婚披露宴をもって結婚の成立とされていましたが、宗教の組織化と社会制度の整備により、宗教的儀式である結婚式が重視され、結婚式をもって結婚の成立とみなされるようになりました。そして結婚披露宴はそれに付随する宴会となりました。

日本で結婚披露宴のような形式物の始まりは平安時代のころからです。この時期の結婚のスタイルは、男性が女性の家に通うという通い婚が一般的でした。
結婚の意思がある場合は、三日連続で女性の家に通わなければいけませんでした。その間女性は男性をもてなし三日目に、露顕という宴会を開いていました。
この宴会が、今でいう結婚披露宴に当たるといわれています。

別名婿取り婚ともいわれ、女性の自宅にてお料理を用意して、親戚を招き新郎をお披露目していました。その後中世から近世にかけて、反対に嫁入り婚という形に変化していきます。それは、嫁が男性の家の一員として認められて、嫁入りすることで結婚が成立しました。この時期から結婚は家と家の結びつきという考え方が重視されてきました。そのため男性の自宅にて両家のご両親や親族を招いて、結婚披露宴を行うようになりました。

明治時代になると、法律で家制度が制定されました。
これによって戸籍制度もでき、基本的に結婚は嫁入り婚が常識とされました。大きく変化したのが戦後をむかえた頃です。今までは必ずどちらか一方の家に入らなければいけないと定められていたのが、日本国憲法の家族法により両性の合意のみとされました。そのため夫婦となった場合、新たに独立した家族形成へと変化していきました。
これによりお見合いが減って、恋愛結婚が増えるようになりました。

結婚後も独立した夫婦が増えたことで、核家族が多くなりました。家に入ることが強制ではなくなったため、この時期から結婚披露宴を自宅で行うということは少なくなりました。その代わりに、ホテルや、結婚式場、レストランなどを利用して、結婚披露宴を行うようになりました。

そして現代の結婚披露宴に関しては、ホテルや結婚式場はもちろんのこと、レストランでの貸切、ゲストハウス、海外ウェディングなど多くの選択肢があります。
何度で新郎新婦がどのような形で行いたいのか選ぶような形になります。もちろん新郎新婦の両親の意見なども反映されますが、決定権は新郎新婦が持っていることが多いです。

そのためお金の使い道として結婚披露宴への考え方も、個人差が生まれるようになりました。費用がたくさんかかるため、披露宴に使うのではなく他のことに使いたいと、結婚披露宴を行わない人もいます。

それとは逆に、一生に一度だから派手で豪華な披露宴にしたいという人もいます。また仲のいい人だけを招待して厳かな披露宴を行う地味婚なども増えました。
また新郎新婦らしい披露宴がおこなえるような、オリジナリティーのある披露宴会場も人気です。

【結婚披露宴 基礎知識】 結婚式との違いはなに?

よく「結婚式」「披露宴」というけれど、一体何が違うのか分からない人も多いのではないでしょうか。ここでは結婚式と披露宴について、詳しく説明します。

結婚式とは

「結婚式」には、披露宴がセットになっているイメージがあり、結婚式と披露宴のそれぞれについて深く考えたことがない人もいるかもしれません。たとえば、出席するのは披露宴なのに「結婚式に行く」と表現することもあるでしょう。但し、結婚式と披露宴とは別のものです。また、結婚式は「挙式」とも呼ばれています。挙式は「男女が夫婦になる誓いの儀式」です。

また、挙式スタイルには「神前式」「教会式」「人前式」があります。そのため、挙式に際しては、それぞれのスタイルの特徴を知っておきましょう。

「神前式」は、日本伝統の挙式スタイルです。神前式スタイルの始まりは、明治33年に東京大神宮で行われた大正天皇のご成婚だといわれています。挙式では、「三三九度の盃」(さんさんくどのはい)「玉串拝礼」(たまぐしはいれい)などが行われます。神前式の挙式は、神社のほか、結婚式場内の神殿で行うことも少なくありません。また、挙式には和装で臨む点に特徴があるほか、親御様をはじめ限られた人が出席することが一般的です。そのため、和装での挙式に憧れるカップルや、ご両家の結びつきを重視したいカップルにおすすめの方法です。

「教会式」は、文字どおり教会(チャペル)で行う挙式スタイルです。こちらは、教会や結婚式場などで行い、祭壇前で誓いの言葉を交わすシーンなどでもおなじみです。挙式には、洋装で臨むため、ウェディングドレスに憧れる女性の間でも人気があります。親族以外にも友人など多くのゲストに出席してもらいたいカップルにおすすめです。教会式スタイルでは、神聖な雰囲気を味わうだけでなく、親しい人に祝福されるメリットが大きいです。

「人前式」のメリットも注目されています。こちらの挙式スタイルは、出席者が結婚の証人になる点が大きな特徴です。神仏に誓いを立てるやり方ではないため、宗教や格式などを意識しなくても済みます。また、挙式内容には自由度が高く、おふたりのオリジナル結婚式を挙げることができます。実際、これまで出席した結婚式を参考にして、人前式スタイルを選ぶ人も少なくないようです。なお、挙式スタイルを決めるときは、おふたりでの話し合いはもちろん、親御様ともじっくり相談することをおすすめします。

結婚披露宴とは

挙式と披露宴とは、セットではなく別に考える必要があります。また、挙式が「男女が夫婦になる誓いの儀式」であるのに対して、披露宴は「結婚を周囲にお披露目する席」のことをいいます。

結婚式場やホテルなどで挙式をしたときは、同じ会場で行われるケースがほとんどです。中には、挙式後に場所を移して行ったり、日を改めて設けるケースもあります。

披露宴のスタイルはカップルによって異なります。親御様や親族のみで行う方法や、多くの人に出席してもらう方法もあります。披露宴に来てもらうゲストの皆様は、挙式に出席しない友人をはじめ、職場関係者やお世話になった人などを対象にするとよいでしょう。

ふたりの結婚により、今後は、ご新郎ご新婦を介して、それぞれの友人や知人との付き合いも始まります。そのため、結婚相手がどのような人なのか、ゲストの皆様に紹介する目的も合わせ持っています。

挙式と披露宴はどちらもやるべきなのか?

挙式と披露宴とは別のものですが、両方を行うことで身近な人に結婚報告ができるなどのメリットがあります。また、ゲストの皆様から祝福してもらうためには、披露宴をしたほうがよいかもしれませんね。

しかし、挙式と披露宴は必ずしも両方する必要はありません。また、そのような決まりもないため安心してください。なぜなら、結婚のスタイルはカップルの数だけ存在するからです。実際、どちらか片方だけ行うカップルも少なくありません。

ご新郎ご新婦、それぞれの仕事の都合や、ご新婦の体調などによっては、挙式や披露宴の時期を見合わせたほうがよいですね。挙式や披露宴後に新生活が定番の時代がありましたが、いまはそのような形式にこだわる必要はないでしょう。結婚式の規模も人それぞれです。家族だけの少人数で挙式のみを行うカップルも少なくありません。こちらの方法を取り入れることで、挙式に掛かる費用を抑えることもできます。また、ゲストの皆様一人ひとりと話せる時間がつくりやすくなるでしょう。

さらに、挙式も披露宴も行わないという選択肢もあります。挙式へのこだわりがないのなら、会費制のカジュアルなパーティーを行うのもよいですね。挙式や披露宴をどのような形にするのかは人それぞれです。そのためには、親御様と相談しながら、負担にならない方法を選びましょう。

 

【結婚披露宴 基礎知識】 披露宴の流れは?

披露宴の一般的な流れとして、ケーキカットをはじめ、来賓や友人からのスピーチ、余興などが挙げられます。また、それらは会食を楽しみながら進めていく形です。披露宴の最後のほうでは、ご新婦から親御様への手紙の朗読を行うこともよくあります。お色直しを希望するご新郎ご新婦は、挙式から披露宴に移る前や披露宴の途中に行ってもよいでしょう。なお、披露宴の準備や進行に友人や知人が関わることも多いため、身近な人の特技を把握しておくと依頼するときに役立つかもしれませんね。

なお、挙式や披露宴で音楽を使うときは、著作権・著作隣接権手続きなどを確認しておきましょう。ビデオカメラなど、会場への持ち込み可否についても、結婚式場に確認することが大切です。

披露宴の一般的な流れ(前半・所要時間約50分)+お色直し30分

1.ゲストの入場(披露宴開始10分前)

2.新郎新婦の入場(約5分)

3.開宴の挨拶(約5分)


4.新郎新婦紹介(約5分)

5.主賓挨拶(約5分~10分)

6.乾杯(約5分)

7.お食事スタート(歓談・お食事)

8.ウエディングケーキ入刀(約10分)

9.ゲストスピーチ(約10分)

10.新郎新婦のお色直しの退場(約30分)

披露宴の一般的な流れ(後半・所要時間約90分)

11.新郎新婦の再入場(約10分)

12.ゲストによる余興(約20分)

13.祝電紹介(約5分)

14.親への手紙・記念品贈呈・花束贈呈(約10分)

15.謝辞(約5分)

16.閉会の辞・新郎新婦の退場(約10分)

17.ゲストの退場(新郎新婦によるお見送り)(約30分)

ここで紹介した披露宴のプログラム例はあくまで一例となります。郎新婦がお色直しをせずにゲストとの歓談の時間を多くするなど、様々なスタイルが取り入れられています。そのため、自分達でどんな披露宴にしたいかをプログラム例とともにイメージしておきましょう。

披露宴で失敗をしないための対処法

スピーチ・余興を頼む場合は余裕をもってお願いする

スピーチや余興はいきなり出来るものではなく、事前に原稿を考えたり、練習や準備が必要となります。

準備に時間がかかるということや、依頼してみたものの断られてしまった場合のことを考えできるかぎり早めに依頼しましょう。

そしてスピーチや余興を依頼する際は、事前に会ってお願いすると1番丁寧で良いでしょう。

いきなり、招待状で依頼すると驚かれてしまう場合もあるので前もって了承をもらってから招待状に付箋(お願いの書面)を入れるようにしましょう。

また、依頼する際は出番はいつなのか、他にはどんな余興があるかなども伝えておくとよいでしょう。

お色直しは衣裳によって所要時間が異なる

お色直しはチェンジする衣裳によって所要時間が異なります。

ドレスから和装へお色直しする場合はドレスの場合よりおおよそ10分程度中座時間が長くなります。それに加え希望の髪形やメイクによっても所要時間が異なるので、事前に確認することが大切だと言えます。

時間を確認した上で、その時間ゲストが飽きない工夫が必要です。

新郎新婦が中座中は、二人のプロフィールムービーなどの映像を流すことが多いようです。また、この時間に電報の紹介をしてもらったり、ゆっくり食事をして頂く時間にしても良いでしょう。

アレンジ可能な披露宴の演出

披露宴の演出は全てを必ずすると決まっているわけではないので、ふたりの希望でプログラムを決めることができます。

ゲストとの時間を大切にしたい場合、余興などの演出をなしにしたりあまり目立ちたくないという場合、ファーストバイトを行なわないなど、流れはあるもののお二人の意向によって様々な披露宴にすることができます。

二人らしい披露宴になるよう、式場のプランナーやスタッフに相談すると良いでしょう。

【結婚披露宴 基礎知識】 最新のプランは?

さまざまな所から人が集まる結婚式では、新型コロナウイルス感染症だけでなく、冬場はインフルエンザの心配もあります。中でもリスクが高い場所とされるのはゲストが密集する挙式・披露宴会場、受付、ウエルカムスペース、トイレなど。また、飛沫が飛ぶ可能性が高い余興や食事、写真撮影もできるだけ感染リスクを下げるような工夫が必要になってきます。コロナ過でも結婚披露宴を華やかに演出できるアイディアをお伝えします。

【ウエルカムマスクを配布する】

ゲストにオシャレなオリジナルマスクをプレゼントし、一緒にフォトブースで写真を撮ると統一感のあるステキな一枚に。マスクの色を結婚式のテーマカラーにしたり、口や表情が描いてある面白いデザインのマスクや大きめのフォトプロップス配布したりなど、楽しいひとときを写真に収めておくのもいいですね。

【ボトルや缶でウエルカムドリンクを提供する】

挙式や披露宴がはじまる前のゲストの待ち時間に振舞われる飲み物「ウェルカムドリンク」は、ふたりのおもてなしの気持ちを表現できるアイテムでもありますよね。 衛生面を考え、オシャレなクラフトビールやミニワインボトル、ソフトドリンクも缶やビン入りのものを提供するのはいかがでしょうか? 世界各国のクラフトビールを用意したビアバーや、オリジナルラベルのソフトドリンクなど最近では様々なドリンクがあるので、コロナ対策と同時にぜひふたりらしいおもてなしをしてみてください。

5次会という軽めの会で行うのも流行り!

1.5次会とは「披露宴よりもカジュアルで2次会よりもフォーマルなパーティスタイル」だと言えるでしょう。ここ数年で一気に注目を浴びているパーティスタイルで、元々形式にとらわれず自由なことをしたいカップルが選ぶ傾向にありますので、明確な定義・決まりがありません。

披露宴では、ほとんどの場合ご祝儀をいただき費用に充てることがほとんどですが、1.5次会の場合は費用を「会費」でいただくことが多いです。また、1.5次会を選ぶカップルは「派手なことをしたくない」「アットホームな歓談中心のパーティにしたい」といった意見が多いですから、一般的な披露宴よりも演出が少ないことが特徴だと言えるでしょう。2次会とは、結婚式・披露宴(披露パーティ)を行った後に友人中心で行う、主に立食・ブッフェ形式のパーティのことです。対して1.5次会は、会費制の場合は着席・ブッフェ、ご祝儀制の場合は着席・コース料理で行われるパーティのことが多いようです。

 

演出を考える上での注意点は…?

結婚式の演出にこだわるのは良いですが、凝りすぎると失敗するリスクもあります。演出の時間が長い、回数が多くなる場合や、自分達だけが盛り上がり、ゲストが置いてきぼりになる場合も。結婚式で演出をする時の注意点を紹介します。

長い・回数が多い演出は避ける

長すぎる演出はゲストが疲れてしまう原因になります。また演出を詰め込み過ぎるのも控えましょう。特にさまざまな衣装を着用したいカップルは注意してください。お色直しの回数が多いと、中座の時間が長くなり、その分ゲストを待たせてしまいます。演出を減らし、ゲストとともに過ごす時間も大切にしましょう。

新郎新婦だけが盛り上がる演出も控える

結婚式は来てくれたゲストに感謝の気持ちを伝えることが本来の目的。演出に凝るのも良いですが、度が過ぎるとゲストへの感謝の気持ちを忘れてしまいがちです。自分達だけが楽しめる演出ではなく、全員で楽しめる演出を入れるのがポイント。

羽目を外した演出にも注意する

羽目を外した演出を快く思わないゲストもいます。内輪だけで盛り上がると、他のゲストが白けてしまう恐れも。演出はゲストの年齢層にも気を配りましょう。節度を持った演出を行ってくださいね。

まとめ

いかがでしたか?意外と知らないこともたくさんあったのではないでしょうか。コロナ過で挙式を行わずに披露宴を家族だけで行ったりオンラインで友人に祝ってもらったりなど時代に応じて披露宴のあり方も変化をしています。招く側も招かれる側も笑顔で安心して参加できる挙式にしていきたいですね。披露宴の流れについては2人で話をしていき進めていくことが大切です。

以下の記事も良ければ参考にしてみてください

え、いつの間に結婚したの?周りを驚かせる電撃婚はあり?なし?