キッチンの引き出し収納を徹底整理!キレイになるコツ

システムキッチンの引き出し収納を有効活用すべし

キッチンは少し気を抜くとすぐ生活感が漂ってしまう場所ですが、新しい収納棚などを買うのはオススメしません。場所を取りキッチンを狭くしてしまう別売り収納を導入するのは、色々な工夫をやり切ったあとの最後の手段にすべきです。まずは今ある収納場所を見直すことからはじめましょう。

収納は備え付けの場所を優先しよう

キッチンにはたいてい備え付けの収納があるものですが、意外と有効活用できていない人が多いようです。空間を広々と使いたいなら、場所をとる食器棚やラックを買い足す前に備え付け収納の整理をすべきです。備え付け収納は奥行きがあり、上手に使えばたくさんのキッチングッズを保管できるでしょう。

また限られた収納の中でやりくりするうちに不必要なものを買わない生活習慣ができるので、部屋がキレイになるだけでなく家計にも役立つ一石二鳥の効果があります。

引き出し収納は生活感を隠してくれる

キッチンの引き出し収納は、それ自体が壁の一部のように家と一体化して強く主張しないので、室内の印象がスッキリ清潔感のある雰囲気になります。物がたくさん置いてあるキッチンでは、たとえ隅々まで掃除をしてもごちゃついてしまい生活感が消えません。また、いざ嫌な虫が出たときに、隠れ場所が多いと捜索が長引いてダメージが大きくなるでしょう。

引き出し収納は、使いやすいキッチンを作るうえで重要な役割を果たします。必要なときに開ける引き出しが決まっていれば動線がシンプルになりますし、あまり使わないものは奥に保管したりでき、工夫次第で合理的な収納が可能になります。

フライパンや鍋は引き出し収納へ

よく使うフライパンなどの調理道具はつい出しっぱなしにしがち。でも大きめの引き出し収納にしまうことで、キッチンがスッキリしてコンロ周りが掃除しやすくなります。鉄鍋など重いものは高いところより低い場所にしまったほうが便利で安全なので、引き出し収納がキッチンにあるなら一度スペースを確認してみましょう。

キッチンの引き出し収納を使いやすくする方法

調味料や食材を入れ替えよう

引き出しに収納する場合、悩みやすいのがバラバラの大きさのものをどう整理するかですよね。しかし考え方を変え、すべて同じサイズの容器に入れ替えれば、スッキリ収納できて使うときにも便利です。とくに砂糖や小麦粉など袋入りの食材は、容器に入れ替えたほうが保存しやすくなるでしょう。

よく使うものはすぐ届く場所に

キッチンで毎日使うものは、引き出し手前の見やすい場所に収納するとスムーズに動けてストレスになりません。カップやお茶、クッキングペーパーやゴミ袋など、使う頻度が低くなるにつれて片付ける場所を遠くしていくとよいでしょう。滅多に使わないものを手前に収納すると、邪魔になるだけでなく汚れや破損の原因になってしまいます。

カトラリー類は分類して収納

引き出し収納で困るのはカトラリー(フォークやスプーンなどの食器)の問題です。フォークやナイフ、ティースプーンなど種類や大きさに合わせて1つずつ分けて収納すると、取り出しやすく片付けやすい引き出しになるので便利です。引き出し収納はカトラリーにとっては深さがあるので、2段にしてよく使うものとイベント用の段で使い分けるなど、工夫次第で収納量や使い勝手がアップするでしょう。

食器は縦置きが取り出しやすさ抜群

色々な大きさや深さの食器は、キッチンに収納するのが大変ですよね。食器棚に積み上げると下の食器が取り出しにくく、大事なお皿を割ってしまう危険性がありますが、引き出し収納に縦置きすれば出したいお皿をすぐ出せて超便利。ディッシュスタンドなどで仕切れば、種類別に収納できるのでおすすめです。

小分けが基本!キッチンの引き出し収納術

スプーンや箸置き、お菓子やビニール袋など形や大きさがバラバラで整理しにくいものは、どうやってしまえばいいか悩むものです。引き出し収納に雑然と放り込んでしまうと、使いたい時にすぐ見つからずにイライラしてしまうかも。最初から細かく分類して収納すれば、驚くほど便利に使えますよ。

コツ①「カゴやケースで細かく仕切る」

引き出し収納は、開けたり閉めたりするときに中の収納物に多少の振動が加わります。そのためカトラリーなどをそのまま入れて置くだけでは、時間が経つにつれて転がったりすべったりしてゴチャ混ぜ状態になる可能性があります。はじめからしっかり仕切りを作っていれば、大きくすべって他の種類と混ざったりすることはないでしょう。

また小さめのケースをたくさん並べれば中身の種類ごとに収納しやすくなり、中身ごと持ち上げられるので組み替えが簡単です。引き出しのサイズに合わせて必要数を買えばすぐ仕切ることができるので、はじめて挑戦するならケースやカゴなどで仕切るのがオススメです。

コツ②「収納容器の大きさを揃える」

キッチン用品や食品などは同じ大きさのものが少なく、キレイに並べたつもりでも雑然とした印象になってしまいます。ひと手間かけて大きさの同じ収納容器に入れ替えれば、引き出しにスッキリ収まり見た目がキレイです。間違えないように入れた物の名前を書いておけば、使うときになってから迷わないので安心です。

コツ③「個別包装の食品はパッケージから出す」

スープやお菓子などの個包装になっている食品は、箱や大袋から出して収納しましょう。余計なかさばりが無くなって整理しやすく、残りの数が一目瞭然でわかるため補充も簡単になります。とくにお菓子は少しずつ食べることができ、色々組み合わせて1日分のおやつセットなども作れるので食べ過ぎを防ぐ効果も見込めますよ。

コツ④「ちょっと使いのものはビニールパックに」

キッチン収納は基本的に大きいので、小さい物の置き場は工夫して作る必要があります。サプリメントや香草などはスライドやチャックが付いたビニールパックを活用すれば、縦置き収納でキレイに保管することができます。透明なので中身を確認しやすく手に取りやすいので、存在を忘れ去って賞味期限が切れてから発掘されるような心配はありません。

100均で買える!キッチンの引き出し収納お役立ちグッズ

キッチン収納を効率よく使うために、100均の収納グッズを使っている人は多いようです。キッチングッズだけでなく、文具やインテリア用の商品など、幅広く利用して使い勝手のいいキッチン収納を追求してみましょう。

ファイルボックス

キッチン収納で意外にも大活躍しているのがファイルボックスです。深めの引き出し収納の仕切りにファイルボックスを使用して、フライパンや大皿などを縦置き収納している人が多いようです。また幅があるのでボトルも余裕で並べられ、ゴミ袋のストックをするにも便利で、万能な収納グッズとなっています。

突っ張り棒

システムキッチンの収納は空間が広々としていることが多く、他の引き出しに影響がない場合は突っ張り棒を入れることができます。深めの引き出しの上部スペースに数本の突っ張り棒を横にして入れると、フライパンの蓋やラップなどを収納することができます。中に入れる物の高さが低い場合は、問題なく引き出しを動かすことができ、効率よく収納量を増やすことができます。

保存容器

引き出しのサイズに合った保存容器を見つけたら、キッチンを整理するために活用してみましょう。丸型より四角いタイプを選べばスペースに無駄がなくなり、もしシンデレラフィットさせられたらストレス解消ができて一石二鳥です。ぴったりハマらない場合でも隙間に別のものを収納できますので、高さだけしっかり注意して購入するといいでしょう。

マグネットホルダー

システムキッチンには、マグネットが付く場所がたくさんありますよね。もし磁石が使えるようなら、キッチンペーパーなどを壁面収納できるマグネットホルダーが便利です。ただし金属のように見えてもマグネットが付かない壁面だと無駄になってしまうので、事前にチェックしてから買いましょう。

まとめ

キッチンの引き出し収納の活用法は、自分の行動パターンに合わせて考えることでアイデアが広がります。定期的に物を収納し直せば不用品の確認や備蓄食品の品質チェックなどもできるので、デッドスペースになっている引き出しがあれば100均やホームセンターなどに行ってお気に入りの整理グッズを探してみてくださいね。