「直す」の類語や謙譲語は?敬語表現と使い方や例文も紹介!

「直す」の類語や謙譲語について、把握している方は意外に少ないのではないでしょうか?この記事では、「直す」の類語や謙譲語をはじめとして、敬語表現や使い方といった基本的な部分についてもご紹介いたします。「直す」を使った例文についてもいくつか具体的な例をご紹介しますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

「直す」の意味・類語とは


「直す」の意味はかなり多義になります。「で改訂を行う」「変化させる」「誤りまたは欠陥の変更か修正により改善し、より良い状態にする」「再び適合される」「修正する」「辛らつに非難する」といった意味があります。類語には、それぞれ以下のようなものが該当しますので、是非参考にしてみてください。同じ「直す」でも使う機会やシーン、相手に伝えたいニュアンスによっては、類語を使ったほうがより相手に伝わりやすいケースがありますので、自分がどのような意味で「直す」を使いたいのかを明確にして、類語を使って相手とコミュニケーションをとるのもいいのではないでしょうか。

「で改訂を行う」
手直し ・ 修正 ・ 訂正 ・ 校閲 ・ 加筆 ・ 改む ・ 変ずる ・ 改編 ・ 訂する ・ 改訂 ・ 変改 ・ 刪潤 ・ 改定 ・ 校合 ・ 変える ・ 修定 ・ 手を加える
「変化させる」
入換える ・ 手直し ・ 変換える ・ 修正 ・ 入れ換える ・ 変更 ・ 模様替 ・ 改む ・ 換える ・ 異ならす ・ 繰りかえる ・ 入れ替える ・ 改築 ・ 入替える ・ 変化 ・ 決直す ・ 修整 ・ 切り換える ・ 置きかえる ・ 脱胎 ・ 切替える ・ 刷新 ・ 入れかえる ・ 変形 ・ 改易 ・ 決め直す ・ 改変 ・ 挿げ替える ・ 奪胎 ・ 改造
「誤りまたは欠陥の変更か修正により改善し、より良い状態にする」
革める ・ 造直し ・ 矯正 ・ 変ずる ・ 矯める ・ 再編成 ・ 組みかえる ・ 刷新 ・ 編成替 ・ 正す ・ 改変 ・ 更始 ・ 改良 ・ 改新 ・ 造り直し
「修正する」
革める ・ 修正 ・ 訂正 ・ 修整 ・ 批正 ・ 訂する
「辛らつに非難する」
矯め直す ・ 治す ・ 矯める ・ 正す
引用元:weblio類語辞典

「直す」の謙譲語とは


「直す」の謙譲語には、どのようなものがあるのでしょうか。「直す」は動詞になります。そのため、電話をかけ直すといった言葉を謙譲語に直した場合、「おかけ直しいたします」になります。「引き直す」の場合は、「引き直しさせていただきます」になります。このように「直す」を謙譲表現を交えて使い場合は、「直す」に付随する言葉を謙譲表現に変えて相手に伝えるようにしましょう。

「直す」を使った例文3選


「直す」を使った例文については、どのようなものがあるのでしょうか。3つの例文をご紹介しますので、活用してみてはいかがでしょうか。また「直す」だけではなく「直す」の類語を使った例文についても併せて紹介いたします。

「直す」を使った例文①

お電話いただいたところ大変恐縮ではございますが、担当者が不在の為、こちらから折り返しおかけ「直し」させていただきます。

「直す」を使った例文②

折角、作成いただいた記事ですが、ご「修正」いただきたい点がございまして、来週の前半で相談のお時間をいただけないでしょうか。
「直す」を「修正」に言い換えた例文になります。直していただきたいとも表現はできますが、この場合は「直す」よりも「修正」の方がニュアンスが伝わりやすい為、「修正」としています。皆さんも「直す」をどういった意味で使いたいかと明確にして、的確な言い換え表現がある場合は、そちらを使ってみてはいかがでしょうか。

「直す」を使った例文③

先日ご提案させていただいた件について、「訂正」がございましたので今週末でお手隙の日程がございましたら改めて提案の機会をいただきたく存じます。
「直す」を「訂正」という言葉に言い換えた例文になります。こちらも「直しが入った部分がございまして」と言い換えることもできますが、「訂正」という表現の方がシンプルで相手へ伝わりやすい為、「直す」ではなく「訂正」としています。このように一見万能な「直す」ですが言い換え表現も豊富な為、言いたいことに合わせて使い分けができるとコミュニケーションがスムーズに進むことも多いのです。

「直す」についてまとめ


「直す」には、さまざまな意味があります。自分がどのような意味で「直す」を使いたいのかによって、類語を使ったほうが相手に伝わりやすいこともあります。また謙譲語や敬語表現についても紹介しましたがいかがでしたでしょうか。「直す」は動詞の為、直接的に謙譲語や敬語表現に直すものではありませんが言い換え表現や類語は多く存在しており、そちらの使い分けを行えることの方が「直す」においては重要です。皆さんも「直す」で伝えたいことを明確にして、類語とうまく使い分けを行えるようにしましょう。