間違えが多い「お疲れ様」「ご苦労様」の正しい使い方とは?

「お疲れ様です」や「ご苦労様です」と職場で使うシーンは多いのではないでしょうか。ただし「お疲れ様です」や「ご苦労様です」という言葉は正しく使わないと相手に対して失礼にあたるケースがあります。この記事では「お疲れ様です」や「ご苦労様です」の正しい使い方・使い分けについて紹介します。また「お疲れ様です」や「ご苦労様です」を言い換える場合はどういった表現が適当なのでしょうか。「お疲れ様です」や「ご苦労様です」の例文や英語表現についても紹介します。「お疲れ様です」や「ご苦労様です」を正しくマスターして社会人として恥ずかしくないようにしましょう。

「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の使い方とは


「お疲れ様です」や「ご苦労様です」の使い方にはどのようなものがあるのでしょうか。「お疲れ様です」や「ご苦労様です」はどちらも相手への労いの言葉になります。ただし、使い方にはマナーがあります。しっかりと使い分けができないと恥ずかしい思いをしたり、相手から生意気な奴であったり一般的なマナーをわかっていない人認定されてしまう可能性もあります。次のトピックで「お疲れ様です」や「ご苦労様です」の正しい使い分けを把握しましょう。

「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の使い分けとは


「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の使い分けについてご存知でしょうか。「お疲れ様です」と「ご苦労様です」は使う相手を間違えると失礼にあたるので、この記事で対象を覚えて相手から反感を買わないようにしましょう。

「お疲れ様です」

「お疲れ様です」は目下の人から目上の人に挨拶をする際に使われるものになります。社会人になったばかりの新入社員やインターン中の大学生であれば、基本的には全て仕事を教えてくれる方は先輩にあたるので、「お疲れ様です」を使っておけば間違えないでしょう。また同僚に対して使っても問題はありません。その場合は、「お疲れ様」でもいいかもしれません。

「ご苦労様です」

「ご苦労様です」は目上の人から目下の人に挨拶をする際に使われるものになります。そのため、あなたが先輩や上司に言ってしまうと人によっては機嫌を損ねてしまう可能性も…また機嫌を損ねなかったとしても、失礼なやつだなと思われたり、常識知らずだと思われてしまう可能性もあります。本日から改めてください。

「お疲れ様です」や「ご苦労様です」の言い換え表現は


「お疲れ様です」や「ご苦労様です」の言い換え表現には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは「お疲れ様です」や「ご苦労様です」の言い換え表現を3つご紹介します。

言い換え1:お疲れ様でございます。

「お疲れ様です」をより丁寧に言いたいときに使える言い換えになります。基本的には、自分よりも目上の人に対して、「お疲れ様です」と言いたいがだいぶ役職や年齢が離れているため、丁寧にしたいといった場合に使うことができます。

言い換え2:お先に失礼します。

「お疲れ様です」と言って退社していく同僚や先輩は多いのではないでしょうか。そんな帰りの挨拶で「お疲れ様」を使うときの言い換えと
して使えるのが「お先に失礼します」です。

言い換え3:お世話になっております。

「お疲れ様です」は外部の相手には使うことができません。そのため、「お世話になっております。」「いつもお世話になっております。」「平素より大変お世話になっております」といった言葉に言い換えるといいでしょう。

「お疲れ様です」や「ご苦労様です」を英文にすると


「お疲れ様です」や「ご苦労様です」は日本のビジネスシーンで使うことが非常に多い挨拶の一つです。海外の取引先や同僚に対しても使いたい場合には、どのように表現すればいいのでしょうか。「お疲れ様です」や「ご苦労様です」は一言で置き換える言葉は実はありません。そのため、英語圏方々が使う表現で近しい表現をご紹介します。

お疲れ様です。に近い表現

Your work is pretty good!「君の仕事はとてもいいね!」
Good job today!「今日はいい仕事をしたね!」
Thank you for your hard work「大変な仕事をしてくれてありがとう!」

ご苦労様です。に近い表現

Thank you for your cooperation「ご協力ありがとう!」

「お疲れ様です」や「ご苦労様です」を正しく使い分けよう!


「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の使い方や使い分けについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。使い分けについては特に重要なので絶対に正しく覚えてください。「お疲れ様」は目下から目上、「ご苦労様」は目上から目下です。また言い換え表現についてもいくつかご紹介しましたがこちらも使いやすい一般的な表現ですので、是非覚えておきましょう。最後に英語圏で使える「お疲れ様」や「ご苦労様」についてもご紹介しました。こちらも是非機会があれば使ってみてください。

     

おすすめ記事

スポンサードリンク