これって両片思い?微妙な2人の関係を前に進める方法

両片思いな2人の特徴

両片思いとは、お互いに相手が好きなのにも関わらず、気持ちを確かめ合うことができないまま両方が片思い状態になっていることを指します。相手の気持ちが分からず自分だけが片思いしていると思うと、なかなか先に進めませんよね。もし両片思いをしていると感じたら、しっかり見極めて行動を起こしてみましょう。

恋愛に奥手なタイプ

両片思いになりやすいのは、お互い恋愛に疎く積極的になれない性格であることが多いようです。どちらも恋をリードできないため、お互いに好意がありながらも親友やプラトニックな関係のまま長期間を過ごしてしまいます。相手に合わせているうちに「これがこの人の恋愛の仕方なのかな」と勝手に納得して、お互い身動きが取れなくなってしまいます。

引っ込み思案で頭でっかち

それなりに恋愛の知識があっても、両片思いになることはあるようです。嫌われたくないという思いが好きな気持ちを上回ると、すべきことが分かっていても行動に移す勇気が出なくなってしまいます。知りすぎているからこそ、嫌われるパターンまで想像がついてしまい、失敗のリスクを恐れて様子見に徹するしかなくなるようです。

すぐ連絡が取れる

両片思いの2人は、相手に興味を持っていてお互いに連絡したいと思っていますので、すぐ連絡が取れる状態になっています。気になる相手から連絡先などを貰えていない場合は、単なる片思いの可能性が高いので注意しましょう。とくに男性は気になる女性に対して積極的に連絡先を教える傾向があるので、彼の連絡先がわからないなら今はまだ両片思いとはいえないようです。

いつも一緒に行動する

なにかと2人で行動することが多い男女は、両片思いの可能性があります。相手を誘ったときに必ずついてきてくれるようなら、好意を持たれている証拠です。散歩やコンビニへの買い物など、1人で済むようなちょっとした用事に付き合ってくれる男性は、あなたとの関係を進めたいと思い、タイミングを探っているのかもしれません。

気になる両片思いの距離の縮め方

好きという単語を多用する

両片思いの状況から抜け出したいなら、まずは彼に対して「好き」という単語をたくさん使ってみましょう。彼の持ち物に対して「それ好き」と言ってみたり、彼の選んだものに対して「私も好き」と言うなど、なんでもいいので彼に「好き」という言葉をかけて、彼の頭を好きでいっぱいにしてしまうのです。

彼はあなたを思い出すと「好き」という言葉が思い浮かぶようになり、告白する勇気が湧いてくるかもしれません。ポイントは笑顔をみせて彼の目をしっかりみること。俯いたままでは効果があまり見込めませんので注意しましょう。

2人きりで会う頻度を増やす

いつも複数の仲間達に囲まれて過ごしていると、恋愛の気持ちを表に出せず両片思いから脱却できなくなってしまいます。相手との距離感を縮めるには、2人だけで会うことが大切。買い出しやイベントの相談など、2人きりになれる時間を作ってお互いの気持ちを確かめ合いましょう。みんなの前では言えないことでも、2人だけなら話すことができるはずです。

また2人だけで会おうと誘ったときの相手の反応をみれば、両片思いかどうかの見極めができます。相手が面倒くさいなどと茶化さずに当たり前のように応じてくれたら、かなり脈ありと考えていいでしょう。ただし性格は人それぞれなので、相手の癖などをしっかり考慮して判断してください。

積極的にボディタッチしてみる

相手が真面目でなかなかアプローチしてこない場合、両片思いと確信したら積極的にボディタッチをしてみましょう。肩を叩いたり手を引っ張るなどして、彼に微笑みかけてみるといいかもしれません。関係性にもよりますが、急に彼の急所を触ったり胸を押し付けるような過激なボディタッチは、本命彼女でなく遊び相手になってしまう可能性があるので控えた方がいいでしょう。

耳元で囁いたり額や頬に手を当てるなど、とくに顔周辺に接触すると印象がいいようです。できれば可愛らしくボディタッチした方が効果的なので、仲がいいからといって気軽にプロレス技をかけてしまうと、男友達のような認識をされて恋愛から遠ざかってしまうので気をつけましょう。

彼を褒めて自信を持たせる

両片思いからカップルになるには、あなた1人だけで盛り上がらないようにすべきです。なぜ彼が告白してくれないのか、その問題を探り解消しておかないと、彼にアプローチしても「今は恋愛できない」などと断わられてしまう可能性があります。相手に自信を持たせるために問題を抱えていても気にしないと伝えるか、彼のいいところを褒めて気分を高めておくといいかもしれません。

両片思いの2人なら、自然の流れで相手の悩みを聞くことができるでしょう。一緒に問題に立ち向かうことで2人の絆がさらに深まり、両思いの関係に進む可能性が高まります。

両片思いを進展させるには

焦らないでタイミングを待つ

2人の関係が両片思いで止まっているのであれば、お互いグイグイくる人やチャラチャラした人が嫌いで、恋愛のセオリー通りのアプローチが苦手な性格なのかもしれません。人間は自分がされて嫌なことは人にもしないことが多く、積極的にいけば迷惑と考えるのはつまり、自分が積極的な異性が苦手ということなのです。自然の流れに身を任せ、ゆっくり関係を進めましょう

人によってはテクニックや小細工の匂いを感じると冷めることがあるので、あまり焦らず無理な行動は慎んでください。準備をして待ち、タイミングが来たら逃さないといった緩急が大切になります。

待ちの姿勢をやめる

恋愛は必ずしも男性がリードするものではありません。彼からのアプローチがなければ、あなたが積極的に行動することで両片思いから抜け出すきっかけを作りましょう。行動を起こす場合はしっかり相手のことを考えて、彼の行動を邪魔しないように注意してください。恋愛と仕事、または恋愛と夢の2択を男性に迫ると、たいてい恋愛以外の選択肢を選ぶ結果になるものです。

なかなか関係を進めたがらない男性には、仕事や夢をしながらでも恋愛はできるということを伝え、実際に彼の邪魔をしないように注意するといいようです。

彼に恋愛話を振る

両片思いのままでなかなか関係が進まないときは、彼の恋愛観がわかるような恋愛話を振ってみましょう。もしかすると誰とも付き合わない主義かもしれませんし、過去の恋愛で傷付いてトラウマを抱えているケースなど、彼の考え方や事情など色々なことがわかります。もし核心に迫ることができたら茶化したりせず、真剣に話を聞いて相手に寄り添う姿勢をみせなければいけません。

心の傷は一朝一夕で癒せるものではありませんが、自分は味方だと彼に伝え一緒に考えていこうとすれば、2人の絆が深まり関係が先へと進んでいくでしょう。

いつもより可愛い服やメイクをする

親友のような気楽な関係で両片思いになっている場合、あなたは彼にとって男友達のようなもので、好きとか感じるべきではない特殊な相手になっているのかもしれません。あなたが女性らしい格好をすれば、彼は意識して関係を進めたくなるでしょう。女性らしくても日頃から奇抜な格好をしているようなら、ソフトな可愛らしい格好をしてみるといいかもしれません。

男性は本能的に視覚情報を頼りに生きているので、たとえ絶世の美人や好きな相手でも、女性らしい恰好をしていないと、女性として意識することが難しくなってしまうことがあるようです。

両片思いのうちに自分を磨くべし

彼の好みを聞いて合わせる

両片思いの関係では相手となんでも話せる状態なので、彼の好みや好きなもの、大切にしていることや趣味のことなど、色々と聞き出しておくようにしましょう。関係が進んでお互いに意識しはじめると、逆に話がしずらくなる場合があります。また気持ちがフラットな状態だと、ポロッと本音をこぼしてくれますので、友人関係の間に聞きたいことを質問しておくのがベストです。

ダイエットやスキンケアをする

両片思いで気持ちのやりどころがないと、彼に対して余計な行動をしてしまったり、イライラしてダメな自分を晒してしまう危険性があります。思春期のように、モヤモヤした気持ちはスポーツなどで昇華しましょう。実際に付き合いはじめると自分の時間が取れず、自分のケアが疎かになりがちです。今のうちに気になる部分があれば対処しておくのが賢明でしょう。

資格を取ったり何かに挑戦する

両片思いの期間はまだ恋人になれるかわからない立場です。彼に頑張っている姿をみせて、向上心のある前向きな姿勢をアピールしましょう。男性は女性の頑張る姿をみて評価を高める傾向があり、なにもしていない女性よりは努力している女性に好感を持つようです。うまくいけば努力が実を結んで、その挑戦が成功すると共に、彼からも告白されて両片思いから抜け出すことができるかもしません。

まとめ

両片思いは、お互いの気持ちが高まっている最高の状態です。しかしその状態が長く続くと次第に期待感がなくなり、ずっとこのままでいいような気分になって前に進めなくなります。両片思いを放置するとお互いの道が分かれてしまうので、できるだけ早く対処するようにしましょう。ただし焦りは禁物なので、タイミングをみて丁寧に関係を進めることが大切です。

 

よければ片思いに関する以下の記事も参考にしてみてください↓

片思い中の人必見!恋愛を上手に育てるコツ