恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法6選!別れて後悔した方は必見

恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法6選!別れて後悔した方は必見

恋愛において「冷めて振ったけど後悔した」という方は男性・女性問わず多いのではないでしょうか?
彼氏に対しても彼女に対しても、冷めたから別れたいと思って振ったのに、後々になって後悔してしまうという経験は恋愛においてあるあるですよね。

今回は「恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法」を6つ厳選して解説します。
彼氏は彼女と別れて後悔したという方はぜひこの記事を参考にしてみて下さいね ♡

彼氏・彼女に冷めて振った

彼氏・彼女に冷めて振った

彼氏・彼女に冷めて振った

恋愛において、彼氏彼女に対して「冷めたから振った」という経験がある方は多いはずです。
カップルとして男女が関係を持てば、ずっとラブラブな関係を維持して付き合っているということはほとんどの人は無理なはずです。

「倦怠期」が恋愛におけるカップルの障壁となっているように、彼氏・彼女に対して「冷めた」「飽きた」という感情を持つことは仕方がないことだと言えます。

しかし、彼氏彼女に対して「冷めたから振った」というカップルの別れ方はお互いの後悔を生みやすいのも事実なんです。

冷めて振ったけど後悔…

冷めて振ったけど後悔...

冷めて振ったけど後悔…

彼氏・彼女に対して「冷めて振ったけど後悔している…」という方は男性・女性問わずとっても多いんです。

彼氏や彼女に冷めてしまったから振って別れるという行為は一見理にかなっていますが、人間の感情というものは短期間で変わってしまうものです。

冷めて振ったけど、別れてから彼氏や彼女の良さや特別さを実感したり、冷めて振ったけどよくよく考えたら一時的なテンションで振ってしまって本当は別れたくなかったなんてことはよくあります。

今回は「恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法」を6つ厳選して解説します。
彼氏は彼女と別れて後悔したという方はぜひこの記事を参考にしてみて下さい ♡

恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法【復縁編】

ここからは実際に恋愛で「冷めて振ったけど後悔した時の対処法」を解説していきます。
恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法には大きく「復縁に向かうパターン」と「自分の経験にするパターン」の2つの方針に分けることができます。

冷めて振ったけど後悔して別れなければよかったと思っても、恋愛では相手の感情を大切になります。
まずは、恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法【復縁編】を見ていきましょう ♪

恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法【復縁編】

恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法【復縁編】

・冷めて振ったけど後悔①「謝罪」

恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法として最初に行うべき行為は「謝罪」です。
あなたの一時的な感情によって別れを切り出してしまい、それに対して後悔していて復縁を求めるのであれば謝罪することは当然ですよね。

あなたが冷めて振ったけど後悔した彼氏や彼女に対してきちんと「大切さに気づけていなかった自分が馬鹿だった」と誠心誠意謝罪しましょう。

もしかすると相手はあなたを許してくれて、復縁を提案してくれるかもしれませんよ。

・冷めて振ったけど後悔②「復縁を申し込む」

恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法の2つ目はストレートに「復縁を申し込む」という方法です。

冷めたと感じて振って別れてしまった時に謝罪するのは当然として、その後のカップルの方向性に対してもあなたから提案するのが筋です。

素直に復縁を申し込んで「もう一度やり直してくれませんか?」と下手に出て伝えましょう。
冷めて振ったけど後悔するなんている行為をしてしまうあなたに彼氏・彼女が幻滅している可能性もありますが、ダメ元で復縁を打診してみましょう。

・冷めて振ったけど後悔③「もう一度友達からやり直す」

恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法には、「もう一度友達からやり直す」というロングスパンで考える方法もあります。

彼氏や彼女を冷めて振って一方的に別れるという行動は一般的に考えてヒドイ行動です。
もしかしたら直ぐにやり直すことは難しいかもしれませんが「もう一度友達からやり直そう」という提案であれば、あなたのパートナーも受け入れてくれるかもしれません。

長期スパンでの対処法となりますが、「冷めて振ったけど後悔して復縁したい」という感情はそれほどまでに自分勝手なものだと反省しましょう。

恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法【経験編】

恋愛で冷めて振ったけど後悔したからといって安易に復縁を申し込んでも断られることがほとんどなのではないでしょうか?
それぐらい、パートナーに冷めて振って一方的に別れるという行為は相手にショックを与える行動なんです。

だからといっていつまでも凹んだり後悔しているだけでは人間は成長できません。
ここからは恋愛で冷めて振ったけど後悔した経験をベースに前を向く方法を解説します。

それでは恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法【経験編】を見ていきましょう!

恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法【経験編】

恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法【経験編】

・冷めて振ったけど後悔①「反省して次に活かす」

恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法として「反省して次に活かす」という心意気はとても大切です。

恋愛は人間関係。「冷めて振る」という大切なパートナーを傷つける行為をしてしまったからこそ、人の痛みや大切さが理解できるようになることもあります。

もうあなたの大切な誰かを傷つけないように、恋愛で冷めて振ったけど後悔した時に「反省して次に活かす」という心意気は何より大切なものだと言えるかもしれませんよ。

・冷めて振ったけど後悔②「謝罪だけは真摯に伝える」

恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法として絶対に行って欲しいのは「謝罪だけでも真摯に伝える」ことです。
たとえ復縁が認められなかったとしても、冷めたと感じて振ったことを後悔しているのであれば、その気持とを正直に伝えて謝罪しましょう。

いつまでも冷めて振ったけど後悔しているのでは、それが足かせとなってあなた自身の恋愛がこれ以上前に進めなくなってしまう可能性もあります。

悪いことをしてしまったのであれば謝罪するのは当然ですよね。
恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法として「謝罪だけでも真摯に伝える」ということは絶対に意識して欲しいポイントです。

・冷めて振ったけど後悔③「背負って生きて行く」

恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法で最後にご紹介していくのは「背負って生きて行く」ということ。
一見大げさで思い言葉のように感じますが、他人を傷つけてしまった経験を無かったことにして良いということはとてもじゃないですが都合が良すぎます。

冷めて振ったけど後悔して、大好きだった彼氏や彼女を傷つけてしまったのであれば、その経験を背負って生きて行くことで他の人に優しく真摯に接することができるようになるのではないでしょうか?

恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法の中でも、心の中に経験を背負うことで人生の糧にする合理的な方法と言えますよ。

冷めて振ったけど後悔した時は成長のチャンス

冷めて振ったけど後悔した時は成長のチャンス

冷めて振ったけど後悔した時は成長のチャンス

今回は「恋愛で冷めて振ったけど後悔した時の対処法」を厳選して解説していきました。いかがでしたでしょうか ♡
彼氏や彼女を冷めて振ったけど後悔したという経験は、とんでもない過ちを起こしてしまったようで自己嫌悪に陥ってしまうこともありますが、裏を返せばあなた自身の成長のチャンスとも言えます。

冷めて振ったけど後悔した時は、とにかく前を向いてあなたが傷つけてしまったパートナーに真摯に向き合ってみて下さいね ♡

     

おすすめ記事

スポンサードリンク