仕事ができない血液型ランキング!血液型で仕事の能力は変わるの?

血液型によって仕事の能力が変わると聞いたことがある方は男性・女性問わず多いのではないでしょうか?

もしも本当に血液型によって仕事ができるかできないかが変わるとしたらいくら頑張っても無駄なのでは…なんて思ってしまう方も少なくないはず。
今回は「仕事ができない血液型ランキング」というテーマで血液型と仕事の能力の関係を徹底解説。
血液型別の仕事の特徴に関してもご紹介しますので仕事の能力と血液型の関係が知りたいという方はぜひ参考にしてみて下さいね ♡

仕事の特徴は血液型によって違う

仕事の特徴は血液型によって違う

仕事の特徴は血液型によって違う

血液型によって性格が大きく違うように、仕事の特徴も血液型によって大きく違うことは有名ですよね。

適切な人材の扱い方や、向いている職種、褒め方や叱り方も血液型によって全然異なるので「血液型別の仕事の特徴」を知っておくことはビジネス面でとっても役に立ちます ♡

「仕事ができない血液型ランキング」を解説する前に、まずは血液型別の仕事の特徴を見ていきましょう ♡

A型の仕事の特徴

まずは血液型がA型の方の仕事の特徴をご紹介します。
A型の方は仕事においてプロモータータイプにもサポータータイプにもなれる万能型。

どんな血液型の方にも「一緒に仕事をしやすい」と評価されることの多い血液型なんです ♡
それでは血液型がA型の方の仕事の特徴を詳しく見ていきましょう!

A型の仕事の特徴

A型の仕事の特徴

・A型の仕事の特徴①「ロジカルシンキング」

血液型がA型の方の仕事の特徴として最も周囲から評価されるのが「ロジカルシンキング」に基づき行動できるというポイント。
論理的思考が仕事においてとても重要なのは明白ですよね ♡

冷静に物事を判断できるA型の人材は安定して出世しやすいと言われることも多々あります ♡

・A型の仕事の特徴②「石橋を叩いて渡るタイプ」

A型の仕事の仕方は「石橋を叩いて渡るタイプ」だと言えます。
良い意味で言えば冷静に物事を判断し慎重な行動ができる血液型だと言えますが、言い方を変えればここぞと言う時に思い切った行動ができないのがA型の仕事の特徴です。

血液型がA型の方には瞬発力が必要な重要な判断、ピンチには仕事において弱い自覚のある方も多いのではないでしょうか?
A型の仕事の特徴についてもっと知りたいという方は下記の記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。

A型男性の仕事の特徴10選!A型男性は仕事ができる?

この記事を読む

B型の仕事の特徴

次に、血液型がB型の方の仕事の特徴を解説していきます。
B型の方は仕事において圧倒的なプロモータータイプ。

自分の信念を持って仕事に取り組める情熱家が多いのもB型です。
それでは血液型がB型の人材の仕事の特徴を詳しく見ていきましょう!

B型の仕事の特徴

B型の仕事の特徴

・B型の仕事の特徴①「仕事へのプライドが高い」

血液型がB型の方の仕事の特徴として最も特徴的なのは仕事へのプライドが高いというポイントです。
特にB型男性は自分の仕事へのプライドが極端に強く、それに伴い責任感や結果へのコミット力も高い場合が多いです ♡

言い方を変えればB型の仕事の特徴はプロフェッショナル型。
一度仕事にハマるとどんどん進めていくことができます!

・B型の仕事の特徴②「チームワークが苦手」

B型の方の仕事の特徴としてこちらもよく言われるのがチームワークが苦手だというポイントです。
みんなで足並みを揃えて何かを作り上げる仕事の仕方よりも、独走状態で単独でガッツリ仕事に取り組む方が向いているのがB型の仕事の特徴です。

血液型がB型の方が営業などの職種についている場合は、一匹狼で仕事に向き合い圧倒的な結果を出すパターンが多いんです ♡

O型の仕事の特徴

血液型診断ではあまり特徴がないと言われることが多いO型ですが仕事ではどのような特徴があるのでしょうか。
無難と思われがちなO型の仕事ですが、意外な特徴も隠されていますよ ♡

それでは血液型がO型の方の仕事の特徴を見ていきましょう!

O型の仕事の特徴

O型の仕事の特徴

・O型の仕事の特徴①「モチベーションが左右されやすい」

O型の仕事の特徴としてご紹介しておきたいのが、仕事のモチベーションが自分のテンションに左右されやすいというポイントです。
集中したり仕事で力を発揮したりする時はB型の仕事の特徴以上にプロフェッショナルな打ち込みを見せますが、何か仕事で嫌なことがあったりプライベートでのトラブルにテンションを下げられている状態になると一気にガクンとモチベーションが下がってしまうのがO型の仕事の特徴。

上司という立場だと、O型の部下の仕事のモチベーションを保つのはとっても難しいんです。

・O型の仕事の特徴②「冷静な判断が得意!」

O型の仕事の特徴として大きなメリットだと言えるのが、冷静な判断力に長けているというポイントです。
血液型がO型の方は仕事において客観的な目線を持って向き合うことができるので仕事に熱中していたりしても盲目になって判断力が鈍ってしまうということがあまりません。

O型の仕事の特徴についてもっと知りたいという方は下記の記事も参考にしてみて下さいね ♡

O型男性の仕事の特徴10選!O型男性は経営者向き?

この記事を読む

AB型の仕事の特徴

血液型診断では「変わっている」、「変人」という印象の強いAB型ですが仕事に関してはどのような特徴を持っているのでしょうか?

アーティスティックな職業についていることも多いAB型。
それでは早速、血液型がAB型の人の仕事の特徴を解説していきます!

AB型の仕事の特徴

AB型の仕事の特徴

・AB型の仕事の特徴①「他人を気にしないマイペース」

AB型の仕事の特徴として最初にあげられるのが「他人を気にしないマイペース」という特徴。

仕事の成績が他人より遅れているだとか、上司から怒られれたというような外的要因に全く左右されずに自分の仕事を貫くことができるのがAB型の仕事の特徴です。

基本的に自分の意思を持って仕事ができることはメリットになりますが、B型の上司の下で仕事をする場合AB型の仕事の仕方は「焦りが無い」と言われて目の敵にされてしまうことが多いです。

・AB型の仕事の特徴②「アイデアマン」

AB型の仕事の特徴で最も評価されるのが根っからのアイデアマンだというポイントです。

次から次へと新しい仕事のアイデアや提案が出てくるのがAB型の仕事の特徴での最大のメリット。
でも、アイデアが出てきすぎて一つの仕事を完璧に終わらせる前に他の仕事に取り掛かってしまったりと、コミット力がないのが玉に瑕なんです!

仕事ができない血液型ランキング【営業編】

さぁここからは実際に「仕事ができない血液型ランキング」を解説していきます。
「仕事ができない血液型ランキング」と一括に言っても、仕事の職種や役職によっても仕事ができる・できないは大きく変わりますよね。

まずは仕事ができない血液型ランキング【営業編】から見ていきましょう!

仕事ができない血液型ランキング【営業編】

仕事ができない血液型ランキング【営業編】

・仕事ができない血液型1位「AB型」

仕事ができない血液型ランキングの営業編で1位になるのは「AB型」です。
サラリーマンという職業のメインとなるのが営業職ですが、このような職種では業務において対外的なコミュニケーションやロジカルな交渉術が必要になります。

人に気を使うことや論理的な思考が苦手なのはアーティスティックなAB型の人に共通する特徴。
営業職の仕事ができない血液型ランキングではAB型の方が堂々の1位です。

・仕事ができない血液型2位「A型」

仕事ができない血液型ランキングの営業編の第二位は「A型」です。
営業という職種においてA型の人は「仕事ができない」と言うと大げさですが、プラスアルファの行動や提案が求められる職種という意味で少し物足りないのは事実。

言われたことをこなすだけになりがちな営業職では、正確な仕事の出来に定評のあるA型の人も「仕事ができない血液型ランキング」で上位入賞です!

・仕事ができない血液型3位「O型」

仕事ができない血液型ランキングのサラリーマン編の第三位は「O型」。
ここまでくれば仕事ができる血液型と言って良いのではないでしょうか?

O型の仕事は正確性に欠けることもありますが、大きなチャレンジや柔軟な提案ができるので営業職には向いていることが多いです。
実際に営業職で出世する男性にはO型の人が多いという統計結果もあり、営業の仕事ができる血液型として説得力のある結果となっています ♡

・仕事ができない血液型4位「B型」

仕事ができない血液型ランキングのサラリーマン編の第四位は「B型」です!
言い換えれば営業職に向いている血液型はB型と言えます ♡

営業職というどんなKPIよりも成績や結果が重要視されるポジションにおいて、貪欲な達成意欲を持つB型はまさに転職と言えます。
仕事ができない血液型ランキングの営業編では堂々の第4位です!

仕事ができない血液型ランキング【接客編】

次は仕事ができない血液型ランキング【接客編】です。
接客は仕事の種類の中でも特にコミュニケーション能力や対人スキルが必要になる仕事。

接客という仕事の中で「仕事ができない血液型」というレッテルを張られてしまうのはどの血液型なのでしょうか?
それでは仕事ができない血液型ランキング【接客編】を見ていきましょう ♡

仕事ができない血液型ランキング【接客編】

仕事ができない血液型ランキング【接客編】

・仕事ができない血液型1位「B型」

仕事ができない血液型ランキングの接客編で第一位は「B型」です!
とにかく愛想良くお客様をおもてなししないといけない接客業において、自分のテンションやメンタルが顔に出やすいB型は不向きな血液型です。

調子が良く機嫌が良い時は問題ありませんが、テンションが下がっている時は仕事に身が入らずお客様にも素っ気ない態度を取ってしまうことも多々。
仕事ができない血液型ランキングの接客編でB型はぶっちぎりの一位なんです!

・仕事ができない血液型2位「AB型」

仕事ができない血液型ランキングの接客編で第二位は「AB型」。

個性的な性格をしているAB型の人は、お客様すべてから良い印象を得る必要がある接客業においては少し不向き。
ハマる人にはハマるAB型の人の接客ですが、お客様との相性が悪いとトラブルに発展してしまうこともしばしば。

そんなAB型の人は仕事ができない血液型ランキングの接客編で第二位です ♡

・仕事ができない血液型3位「O型」

仕事ができない血液型ランキングの接客編で第三位は「O型」の人です。
ここまでくると、O型は接客業という職種に向いている血液型であると言えます。

O型の人は男性・女性問わずどの血液型の人と比べても好かれやすい特性があります。
接客業においてO型の人はオールラウンダータイプ。

仕事ができない血液型ランキングでも「仕事ができる」部類にジャンル分けされます ♡

・仕事ができない血液型4位「A型」

仕事ができない血液型ランキングの接客編で第四位となったのは「A型」です!

几帳面なA型の人は仕事の正確性と丁寧さがもとめられる接客業ではもっとも活躍できる存在。
コミュニケーションの理解力も高いのでお客様の要望や意識を感じ取る能力に長けています。

仕事ができない血液型ランキングの接客編でぶっちぎりの第4位です!

仕事ができない血液型ランキング【社長編】

仕事の中でも一際、責任感や能力が重要視される社長職。
そんな社長職の向き不向きを血液型診断によってランキング化したらどうなってしまうのでしょうか ♡

最後に仕事ができない血液型ランキング【社長編】を解説していきます!

仕事ができない血液型ランキング【社長編】

仕事ができない血液型ランキング【社長編】

・仕事ができない血液型1位「A型」

仕事ができない血液型ランキングの社長編で第一位はA型です。
保守的なA型という血液型は「社長」という役職には向いていないと言えるのではないでしょうか。

センスのある重大な意識決定を早いスピードで行う必要があるので、サポータータイプのA型は社長というより社長補佐に向いていると言えます。

仕事ができない血液型ランキングの社長編では、他の職種で重宝されるA型も第一位となってしまいました。

・仕事ができない血液型2位「AB型」

仕事ができない血液型ランキングの社長編の第二位は「AB型」です。
アーティストタイプが多いAB型は、自分の意見や考えが頻繁に移り変わる特徴を持っています。

複数人のトップに立って社員の人生を背負わなければならない社長という役職は、このような心変わりしやすいAB型の人には不向きと言えるのではないでしょうか?

このような性格特性もあり、仕事ができない血液型ランキングの社長編ではAB型は第二位となりました ♪

・仕事ができない血液型3位「O型」

仕事ができない血液型ランキングの社長編の第三位は「O型」です。
人を引きつけるオーラがあるO型という血液型は、周囲からのサポートの有無が成功の鍵を握る社長という役職においてメリットを発揮します。

また、O型は他の血液型に比べて柔軟な思考ができる血液型なので経営や会社の状況がピンチになった時にうまく舵を取ることができるんです。
そんなO型の人材が仕事ができない血液型ランキングの社長編では第三位となります ♡

・仕事ができない血液型4位「B型」

仕事ができない血液型ランキングの社長編で堂々の4位は「B型」です。
B型は自分のビジョンや目的の達成のためなら地べたを這いずり回ってでも努力するストイックタイプ。

諦めてはいけない社長というポジションにおいてこのようなスタンスは非常に役に立ちます。
仕事ができない血液型ランキングの社長編で栄えある第四位の「B型」についてご紹介しました ♡

仕事ができない血液型ランキングはあくまで参考に!

仕事ができない血液型ランキングはあくまで参考に!

仕事ができない血液型ランキングはあくまで参考に!

今回は血液型別の仕事の特徴と、そこから分析する「仕事ができない血液型ランキング」をご紹介しました。いかがでしたでしょうか ♡
今回は職種にあった「仕事ができない血液型ランキング」をそれぞれ解説していきましたが、こちらはあくまで参考程度にお考え下さい。
血液型診断は絶対的なものではなく、傾向としてとらえながらも「仕事ができない血液型ランキング」を参考に職業選びや部下との付き合い方の参考にしてみて下さいね ♡

     

おすすめ記事

スポンサードリンク