好きな人から告白されたいならコレ!最新版まめ知識

好きな人から告白されたい人へ ①好きになってもらうテクニックを学ぼう

常に笑顔で接する

好きな人に告白されるには、まず相手に好きになってもらう必要があります。捻くれた態度では好きになってもらえるはずもありませんので、とりあえずは笑顔で接することからはじめてみましょう。そのときに気をつけるべきなのは、自然な笑顔を心がけることです。わざとらしい営業スマイルや、何かを企んでいるかのような不敵な笑みはかえって逆効果なので注意してください。

相手に好意を伝えるためには、目が合ったときに軽く微笑むことが効果的です。恥ずかしいからといって好き避けしたり、無関心なふりをしていると、相手からは恋愛対象として見られなくなる危険性があります。最低でも目が合ったときは無視せず、笑顔で明るめの反応をしておくことが大切です。

連絡先を交換する

好きな人に告白されるためには、まったくの他人のままでは到底無理でしょう。せめて連絡先を交換する関係にはならないといけません。インスタなどのSNSアプリなどで連絡先を交換しておけば、とにかく直接メッセージを送れる関係にはなれるわけですから、相手が使っているアプリに合わせて柔軟に対応しましょう。

好きになってから連絡先を交換するのは恥ずかしいという人は、最初からグループ全員の連絡先を交換するようにしたり、相手に何か頼み事をして、連絡の必要性を強調してから連絡先交換への流れを作るといいですよ。

わかりやすく褒める

好きな相手に自分を好意的にみてもらうには、わかりやすく褒めることが大切。いわゆるゴマスリやヨイショといったものと同じで、相手の気分を盛り上げて自尊心をくすぐるような感覚です。ただし目上の人に対してはやり過ぎるくらいでも上手くいきますが、恋愛ではわざとらしくならない程度に抑える必要があります。

かといって控えめすぎると相手に伝わらないことがありますので、基本的に言葉で感情を込めて表現するようにしてください。誰にでもやっているわけではないことを強調するために、相手の名前を含めて「◯◯君て本当にスゴイね!」など誤解しようのない称賛の言葉を送ってあげると効果的です。

ボディタッチを多めにする

好きな人に好かれる行動として代表的なものは、相手が男性なら断然ボディタッチです。ただしやりすぎるとただの遊び人だと思われてしまうので、服を掴む、肩を叩く、腕が当たる距離で歩くなど、控えめな方が好ましいといわれています。相手が鈍感なタイプなら、手相をみてあげる、目にゴミが入ったふりをするなど、一歩踏み込んだボディタッチに挑戦してみましょう。

好きな相手が女性の場合は、安易にボディタッチをすると案件に発展するため、強めのアイコンタクトをする、いいことがあったらハイタッチをするなど少々工夫が必要となります。

好きな人から告白されたい人へ ②デートに誘われる方法を知ろう

行ってみたい場所を具体的に挙げる

好きな人に告白されるためには、まずデートをして2人の距離を縮めなければいけません。デートに誘われるには、相手が誘うきっかけが必要となります。大事なのは誘われること。こちらから誘ってしまうと相手が指示待ち人間になり、告白までこちらにお任せ状態になってしまいますので、必ず相手から誘われる流れに持っていきましょう。

まず相手がいる状態で、自分が行きたいお店や場所の名前を出してみましょう。ここで相手がいい反応をしてくれたら、デートに一歩近づきます。もしうまくいけば、すぐ「じゃあ一緒に行こうよ」という話になるかもしれません。そうなったらこっちのものです。渋ることなく「いいね!」と話を進めてしまいましょう。

誰も一緒に行ってくれなくて困ってるアピール

もし相手が乗り気でなく、行きたい場所の名前を挙げた程度ではデートに誘ってもらえない場合は、行きたいけど一緒に行ってくれる人がいなくて困っているというテイで話をしておきましょう。グループで話していると余計な人が立候補してくるかもしれないので、好きな人と2人きりの状態で日常会話的にさりげなく話題にするといいでしょう。

好きな人の気持ちがあなたに向いていれば、この時点でお助け精神のスイッチが入り「一緒に行ってあげようか?」と自発的にデートに誘われるはずです。うまくいったらしっかり感謝の言葉を伝え、あなたを誘うことはいいことなのだと相手に認識してもらいましょう。

相手の話に出た場所について改めて尋ねる

好きな人が自分の話に乗ってきてくれない場合は、相手の話に乗っていくスタイルに切り替えてみるといいかもしれません。好きな人がどこか場所に関する話をしたら、一度情報を整理してから、相手が話していた場所の話題をさりげなく振ってみましょう。デートに結びつけたい場合は、やはり2人きりのタイミングで切り出すのがベストです。

「さっきの話だけど自分も気になってるんだよね、行ってみたいから教えて?」といった感じで教えを請う姿勢を崩さないことが重要です。相手があなたに気がある場合は、じゃあ連れて行くよといってくれる可能性が高くなります。

地図がわからなくて不安な感じを醸し出す

どうしても相手がデートに誘ってくれない場合は、ポンコツアピールでほっとけない感を醸し出すといいでしょう。地図で場所を探しながらまったく違う場所をみたり方角もわからない様子をみせれば、相手から先導役を買って出てくれる可能性があります。ただしわざとらしく見えてしまうと白けられて放置されるので、できるだけ自然に危なっかしい感じを出すようにしましょう。

ここまでしてもデートに誘ってもらえない場合は、まだ相手に好かれていないと判断できますので、深追いせずに好感度を上げる行動を続けながら次のチャンスを待ちましょう。

好きな人から告白されたい人へ ③効果的なアピール方法を実践すべし

自分から好意があることを匂わせる

好きな人に告白されたいなら、まずは自分から好意を伝える必要があります。誰だってまったく脈がない状態でダメ元の告白をしようとは思いませんので、ある程度は行けると思わせなければいけません。好意といってもこちらから告白すると本末転倒になってしまうので、軽く親近感を伝える程度が丁度いいと考えられています。

向こうから告白されたい場合、自分に恋人がいないことや1人で寂しいこと、恋人絶賛募集中であることなどを相手に情報として伝えておかなければいけません。友人などに協力してもらって、自分の状況を好きな人の耳に入れておきましょう。また相手の性格にもよりますが、別の異性の存在を匂わせるのは、告白を断念させる要因になるのでNGです。

一緒にいると落ち着くと伝える

好きな人に告白させるには、相手に「あなたは特別な存在だ」というメッセージを送るといいでしょう。今まで会った人の中で一番かっこいいとか、こんな優しい人今までいなかったといったように相手が自信を持つような言葉を伝え、一緒にいると本当の自分で居られるとリラックスした雰囲気を意識するといいようです。

自分は特別な存在だと思わせることができれば、相手が自信を持って告白してくれる可能性が高まります。あとは好感度を維持しつつ、触れなば落ちんの風情でいれば告白は時間の問題でしょう。

恋人や好きな人がいるのかを聞く

相手に恋人や好きな人がいるのか聞く行為は、恋愛に興味のある人からみれば恋人に立候補しているようなものです。もちろんただの興味本位の話題と解釈される場合もあるので、あくまで日常会話として聞いてしまうのが自然でいいでしょう。とにかく話題を恋愛の方へ進めることで、相手の意識を自分に向けるきっかけになりますので、知っていても必ず1度は聞いておきましょう。

もし恋人がいるといわれてしまった場合は、告白されたい計画は一旦寝かせて、恋人を羨ましがったり褒める方向で好感度を稼いでいく必要があります。決して相手の恋人を馬鹿にしたり貶めるような発言はしてはいけません。相手から恋愛相談をされて恋人の愚痴を聞かされたときだけ、控えめに同調するぐらいにしておくといいでしょう。

2人きりの時間を作る

好きな人に告白してもらうには、第三者を寄せ付けない工夫が必要です。いつも2人きりになろうとするのは不自然ですが、ちょっとした瞬間に2人だけになる時間を作ると、お互いに他人の目を気にせず本音で語り合えるので恋愛関係が進みやすくなります。買い出しに付き合ったり、一緒に残業したりなど、積極的に2人きりになる時間を作ってみましょう。

まとめ

好きな人に告白されるには段階を踏むことが大切です。好き過ぎて自分の思いをぶつけたり、過剰なアプローチをしてしまうと、恋愛がギャグのようになって、断る結果ありきの単なるじゃれあいとして定着してしまいますので注意しましょう。相手に告白させるには、安心安全の両思いを演出するだけでなく、自信を持たせて盛り上げる工夫も必要です。

自分の恋愛感情をしっかりコントロールして、相手とじっくり向き合い絆を作っていってくださいね。

 

以下の記事も良ければ参考にしてみてください。

え、いつの間に結婚したの?周りを驚かせる電撃婚はあり?なし?