集団ストーカーとは?集団ストーカーの正体や実態7選!

集団ストーカーとは?集団ストーカーの正体や実態7選!

「集団ストーカー」という言葉を聞いたことがある方はいらっしゃいますか?
近年話題になる「集団ストーカー」とは一体どのような行為を指すのでしょうか。

今回は「集団ストーカーとは?」というテーマで集団ストーカーの正体や実態を7つ厳選して解説します。
集団ストーカーについて気になっているという方はぜひこの記事を参考にしてみて下さいね。

集団ストーカーとは

集団ストーカーとは

集団ストーカーとは

早速ですがこの記事を読んでいるあなたは「集団ストーカー」という言葉を耳にしたことはありますか?
最近話題になる「集団ストーカー」という言葉ですが、実際に集団ストーカーとはどのような行為・行動を表す言葉なのでしょうか。

集団ストーカーの正体や実態に迫る前に、まずは集団ストーカーとは一体どのようなものなのか解説していきます。

集団ストーカーってなに?

集団ストーカーってなに?

集団ストーカーってなに?

一般的に集団ストーカーとは、複数人でターゲットとなる一人をストーキングする行為。
文字通り集団で一人の個人を追いかけつきまとったり監視することを広く「集団ストーカー」と呼びます。

また、複数人の集団で個人を尾行したり監視する集団自体を「集団ストーカー」とする場合もあります。

集団ストーカーの正体【概念編】

最近話題となっている「集団ストーカー」という言葉ですが、集団ストーカーの正体は実際の所なんなのでしょうか?
ネットを中心に話題になっている集団ストーカーですが、「実際に被害にあった」という証言も多数あり世間では波紋をよんでいます。

ここからは一般的に考えられている「集団ストーカーの正体」を解説していきます。
まず、集団ストーカーの正体は下記の2つに分類されると考えられています。

集団ストーカーの正体【概念編】

集団ストーカーの正体【概念編】

・集団ストーカーの正体①「精神疾患・精神病の人の妄想」

まず、集団ストーカーの正体として広く考えられているのは「精神疾患あるいは精神病の人の妄想」が集団ストーカーという噂を読んでいるのではないかという説です。

実際に精神疾患あるいは精神病の症状として、他人からの目線が過度に気になってしまったり何か大きな闇の組織に追われているなどという被害妄想に陥ってしまうという症状は昔から有名でした。

このような精神疾患・精神病の人の妄想がSNSやインターネットの普及によって共感を呼び、「集団ストーカー」という言葉に発展した。
これが「集団ストーカーの正体」なのではないかと考えられています。

・集団ストーカーの正体①「実在する『集団ストーカー』」

集団ストーカーの正体として2つ目にご紹介するのは、実在する「集団ストーカー」という存在です。
実は実際に集団ストーカーによる事件のは発生は日本で複数件発生しているんです。

上でご紹介した精神疾患・精神病の人の妄想によって集団ストーカーが広まったのも一つの事実ですが、実在する「集団ストーカー」という存在は本当に日本で確認されているということからは確かに目は離せません。

これが2つ目の「集団ストーカーの正体」です。

集団ストーカーの正体【団体編】

先程は集団ストーカーの正体を【概念】という切り口で解説しましたが、ここからは集団ストーカーの正体を【団体】という切り口で解説します。

実在する「集団ストーカー」という存在をご紹介しましたが、このような実在する集団ストーカーの正体はいったいなんなのでしょうか?

集団ストーカーの正体【団体編】

集団ストーカーの正体【団体編】

・集団ストーカーの正体③「性犯罪者の集団」

実在する集団ストーカーの正体として最初に紹介しなければならないのは「性犯罪者の集団」となっている集団ストーカーです。
このような場合、主に女性がターゲットになることが多く男性集団が複数人で特定の個人を尾行・監視するパターンがほとんど。

インターネットやSNSを通じて集団ストーカーのメンバーをつのり女性に対してこのような好意を働きかけるようです。
実際に性犯罪にまで発展するケースもあり、集団ストーカーの正体として最悪のものの1つです。

・集団ストーカーの正体④「宗教関係者」

実在する集団ストーカーの正体として2番目にあげられるのは「宗教関係者」というパターン。
宗教関係者は既に思考が統制されているので、上層部の指示であればたとえ「集団ストーカー」という犯罪好意でも疑うことなく実施してしまいます。

実際に集団ストーカーが関連する事件で逮捕された集団が同じ宗教に所属するメンバーだったケースも複数あるんです。

・集団ストーカーの正体⑤「娯楽としての集団ストーカー」

実在する集団ストーカーとして3つめにあげられるのは「娯楽としての集団ストーカー」です。
こちらもネットやSNSを通じて集まった複数人が、ターゲットとなる個人を集団ストーカーして「見つかったらアウト」「ビビらせる」などそれぞれのルール決めをして娯楽のように楽しんでいるケースもあります。

このような遊び半分での集団ストーカーも被害者には多大なダメージを与えるほか、犯罪好意には変わりないです。

集団ストーカーの実態

ここからは「集団ストーカーの実態」を解説します。

実際に日本では集団ストーカーが原因となっている事件が複数発生しています。
このような事例から「集団ストーカーの実態」を読み解いていきましょう!

集団ストーカーの実態

集団ストーカーの実態

・集団ストーカーの実態①「統一教会などを抜けたことへの報復」

集団ストーカーの実態として、最も有名な事件の一つが2011年2月に起きた宗教団体「統一教会」が関連する集団ストーカー事件です。

この事件での「集団ストーカーの実態」はこうです。
統一教会を脱会した女性に対して、同じ統一協会に所属する男性が集団で尾行や監視などの嫌がらせを実行。
警察の調べでも統一教会による組織的な犯行と判断され日本を代表する「集団ストーカー事件」となりました。

集団ストーカーの実態としてこのような宗教団体やそのた同じ思想や目的を持ったグループを抜けることへの報復はよくあるんです。
もっとひどい団体になると、「勧誘を断った」という理由だけで集団ストーカーに踏み切る場合もありますので注意が必要です。

・集団ストーカーの実態②「桶川女子大生ストーカー殺人事件」

集団ストーカーの実態として絶対に触れなければならないのがこの事件です。

「桶川女子大生ストーカー殺人事件」は集団ストーカーが殺人事件にまで発展してしまったおぞましいケース。
1999年に起きた桶川女子大生ストーカー殺人事件はなんと4ヶ月間もの長期間、女子大学生が複数人の男性により集団ストーカーの被害を受けて最後は刺殺されました。

この事件では集団ストーカーの恐ろしさが世間に露呈に、「ストーカー規制法」ができるきっかけにもなりました。

現在の集団ストーカー被害もいえることですが、桶川女子大生ストーカー殺人事件では何度も集団ストーカー被害を警察に通報していたにも関わらず起きた事件であり、集団ストーカー被害者からすれば、集団ストーカーの実態を警察や社会に認めてもらうことの難しさを露呈しました。

集団ストーカーに注意して!

集団ストーカーに注意して!

集団ストーカーに注意して!

「集団ストーカーとは?」というテーマで集団ストーカーの正体や実態を解説しました。いかがでしたでしょうか。
この記事での集団ストーカーの正体や実態はkinakina編集部の考えではなく、一般的な考えをまとめた内容になっています。

とはいえ「集団ストーカー」に限らず、ストーカー被害やそこから発展する犯罪や事件は世界的に問題師されているもの。

この記事を読んだあなたは集団ストーカーに注意して毎日の生活をおくってみて下さいね。

     

おすすめ記事

スポンサードリンク