【転職面接】現在の年収で嘘をつくとバれる?前職の年収で嘘をつくと起こる5つのリスク

転職を考える際、少しでも給料をよくしたいがために現在の年収や前職の年収を尋ねられた際に「嘘をつく」という行為が頭をよぎる人は少なくないはずです。

しかし、転職の際には少しでも条件を良くする為に前職の年収の伝え方はとっても大事。
今回は「転職面接で現在の年収の嘘をつくとバれる?」というテーマで前職の年収で嘘をつくと起こる5つのリスクを解説していきます。

転職の際に前職の年収や現在の年収で嘘をついて、少しでも転職後の年収を上げようと考えている方はぜひこの記事を参考にしてみて下さいね ♡

現在の年収・前職の年収で嘘をつく

現在の年収・前職の年収で嘘をつく
nensyu-usowotuku

転職することが決まっているのであれば、できるだけ転職先の給料や年収は現在よりも上げたいものですよね。
転職の際に給料を上げようと考えて一番最初に思いつくのは「現在の年収・前職の年収で嘘をつく」というポイントだった方も多いのではないでしょうか?

実際に転職の際の給料は前職や現職の転職者の給料がベースとなって決定されるため、重要な要素であることは間違いありません。
しかし転職者からすると気になるのは「現在の年収・前職の年収で嘘をついてバレないのか?」という点です。
ここからは実際に「前職の年収で嘘をつくと起こる可能性のある5つのリスク」を解説。
転職面接で前職や現職の年収で嘘の金額を伝えようとしている方はぜひ参考にしてみて下さい。

まずは「転職面接で現在の年収の嘘をつくとバれる?」というテーマについて見ていきましょう。

転職面接で年収の嘘をつくとバれる?

転職する際に面接などで現在の年収や嘘の年収を伝えようとしている方が最も気になるのは「転職面接で年収の嘘をつくとバれるの?」というポイントですよね。

実際に転職面接で年収の嘘をつくとバれるのでしょうか?

転職面接で年収の嘘をつくとバれる?
転職面接で年収の嘘をつくとバれる?

転職面接で年収の嘘をつくとバれる

結論から言うと、転職面接で年収の嘘をつくと間違いなくバれるというのが答えになります。
転職の手続きの際に前職の源泉徴収票の提出がマストな他、面接に合格したとしても毎月の所得税を見れば面接の際に申告した年収の額が嘘だということはお見通しです。

しかし、ほとんどの場合現在の年収・前職の年収で嘘をついていても、採用されて働き出してからの態度がや能力が問題なければ指摘されることは少ないのが実情でしょう。

例外として、100万円単位など大きな幅で前職の年収の嘘をついてしまった場合や、面接の際に話していた能力にも年収にもギャップがある場合には会社の人事部や上司から指摘が入る可能性もあります。

前職の年収で嘘をつくと起こる5つのリスク

では、面謁で現在の年収や前職の年収を尋ねられた際に「嘘をつく」という行為を行ってしまった際に、どのようなリスクが考えられるのでしょうか?

転職面接で年収の嘘をついても指摘されるケースが少ないのであれば、「嘘をついて乗り切ってやる」と決心する人も多そうですが、そこにはとんでもないリスクが潜んでいます。

実際に前職の年収で嘘をつくと起こる5つのリスクを見ていきましょう。

前職の年収で嘘をつくと起こる5つのリスク
前職の年収で嘘をつくと起こる5つのリスク

転職面接で嘘をつくと発生するリスク①「解雇される」

転職面接で前職の年収で嘘をつくと起こるリスクとして最初にあげられるのは「解雇される」というリスクです。
当然ですが企業が人員を採用する際には、面接で話した内容を元に行うしかないので例え合格してその企業に入社できたとしても面接で話していた内容に虚偽の内容があれば解雇されてしまうリスクも0ではありません。

100万円以上など、分かりやすく前職の年収を盛っていたケースや明らかに年収と実力が噛み合わなかった場合は、前職や現職の年収の嘘が原因で解雇されてしまう可能性があると考えておきましょう。

転職面接で嘘をつくと発生するリスク②「職務経歴に傷がつく」

転職面接で前職の年収で嘘をつくと起こるリスクの2つ目は「職務経歴に傷がつく」というポイント。
厳しい企業だと、面接で嘘をついて入社したことに対して懲戒解雇や免職の措置を取ってくる場合もあるようです。

当然ですが、懲戒解雇などになれば次に転職する際の面接でもそのことを明らかにしなければならず、希望の企業に再就職できる可能性は限りなく0に近くなるでしょう。

転職の際に前職や現職の年収で嘘をつくとこのように人生に関わる大きな罰を受ける可能性があることも頭にいれておきましょう。

転職面接で嘘をつくと発生するリスク③「損害賠償や訴えを起こされる」

転職面接で前職の年収で嘘をつくと起こるリスクの3つ目に「損害賠償や訴えを起こされる」という可能性もあります。
採用にかかったコストや、あたなの嘘が原因で仕事が回らなくなったんど、様々な側面から訴えをおこされて結果的に請求される損害賠償がとんでもない額になったという前例もあるようです。

年収をあげる為に嘘をついたのに結果的に支払わなければならないお金が増えるというのはアホらしいですよね。

転職面接で嘘をつくと発生するリスク④「社会的な制裁を受ける」

転職面接で前職の年収で嘘をつくと起こるリスクの4つ目に「社会的な制裁を受ける」というリスクがあります。

転職の際に前職や現職の年収で嘘をつくという行為がバレると、面白おかしく社員が話を広げてしまい結果的に同業他社などでは一生働けないような人材になってしまうこともしばしば。

また、業界だけでなく地方で転職の際に前職や現職の年収で嘘をつくという行為がバレると、エリア全体にその噂が広がり社会的制裁を受けることになります。

転職面接で嘘をつくと発生するリスク⑤「結果的に生涯年収が下がる」

転職面接で前職の年収で嘘をつくと起こるリスクとして最後にご紹介するのは「結果的に生涯年収が下がる」というリスクです。
一度嘘をついて入社すると、あなたが嘘をついた証拠となる提出書類などが残っている限りビクビクして生活しなければなりません。

ヒョンなことから転職面接での嘘が指摘されて会社が気まずく解雇、懲戒解雇など様々な懸念材料が増えるので結果的に生涯年収が下がるリスクを背負って直近の年収を上げにいっていると考えることができます。

転職する際に年収で嘘はつかないのがオススメ

転職する際に年収で嘘はつかないのがオススメ
転職する際に年収で嘘はつかないのがオススメ

この記事では「転職面接で現在の年収の嘘をつくとバれる?」というテーマで前職の年収で嘘をつくと起こる5つのリスクを解説していきました。いかがでしたでしょうか ♡

どんなリスクが潜んでいるかも分からないので転職する際に年収で嘘はつかないのがオススメ。
正直に向き合って良い条件で働ける会社を探す方が、結果的に良い選択になるはずですよ ♡

line占い