女性がうざいと感じるナンパ8選!あなたのナンパ方法は大丈夫ですか?

男性は友人や会社の先輩後輩なんかと遊びに行くと、女性をナンパする機会があるのではないでしょうか?

そんな方に質問です。
実際にナンパをして成功したことはありますか?

「ほとんど成功したことがない・・。」
という方がほとんどではないでしょうか。

ただでさえ女性は声をかけてくる男性を警戒しますし、そのナンパ方法がうざいと感じると、成功する確率は0に等しいでしょう。

今日はそんな女性がうざいと感じるナンパ8選を紹介していきますので、当てはまっているという男性の方は、ナンパを成功したいのであれば今すぐそのナンパ方法を見直して、よりより出会い方を求めましょう。

ナンパをされたときの女性の心理

まずナンパをされたときの女性はどういう心境か、考えたことはありますか?
「声をかけられて喜んでいるんじゃない?」と思っている男性もいるかもしれませんが、全くそんなことはありません。

むしろ「声をかけられて嬉しい!」と感じる女性は、私の体感から言わせてもらうと3割程ではないでしょうか・・。

その時の女性の状況にもよりますが、女友達同士で久しぶりに会った際や深刻な相談しているときに声をかけられると、うざいとしか感じません。

声をかけるのであれば、その女性と雰囲気を読みとることも大変重要になってきます。

屋内でされるとうざいと感じるナンパ

飲み屋やご飯屋さんに行った際に、ナンパをする機会が多いのではないでしょうか?

ご飯やお酒を嗜んでいれば女性も気が緩んでいると思ったら大間違いです!
むしろ飲み屋などになると、うざいナンパに非常に警戒しています。

そんな店内などの屋内でされたらうざいと感じるナンパをご紹介します。

大きい声で話しかけてくる

店内にいる場合、お目当ての女性を見つけた瞬間大きな声で声をかけていませんか?
それがいくら「かわいい!」や「最高!」といったような誉め言葉でも、女性からすると店内で大きい声で声をかけられると恥ずかしいですし、迷惑な奴としてうざいと感じます。

酔っぱらった状態で話しかけてくる

お酒に酔っぱらった勢いでナンパすることは多いかと思いますが、これが女性からすると大変迷惑な話です。
そこまで顔や動きに出ていないのあればいいのですが、べろべろの状態やテンションが上がった状態で声をかけても、女性は反対に引いていくばかりです。

さらに酒臭いとなると、そんな人には絶対に着いていこうとは思いません。
もし着いていったとしても、それは成功したのではなく、あわよくば奢ってもらおうと企んでいる女性でしょう。

勝手に隣に座ってきたり、会話に入ってくる

フレンドリーに話し掛けたいあまりに男性がよく使う手法、「会話に入る」「女の子たちがいる席に座る」ですが、これは間違いなくタブーです。
この行為は女性にとっては不快にしか感じず、全く笑えもしません。
その場がしらけてしまうだけなので、勝手に輪に入るといった行為は絶対に避けましょう。

腕や手、肩を触ってくる

お酒を飲んで気分よく声をかけると、腕や手をひっぱったり、肩を触る男性もいますがこれも絶対にNGです。
人と触り方によっては警察沙汰になってもおかしくありません・・。

向こうが良い反応をしたからといって急に触ったりしないよう、初めはある程度距離を保ってお話をしましょう。

いきなり連絡先を聞いてくる

全く意気投合もしておらず、そんなに話してもいないのに、「手ごたえが無い!」と感じるとすぐに連絡先を交換しようとしていませんか?
連絡先は個人情報になるので、仲良くもなっていない人に教えたいとは思いません。
強引に聞かれれば聞かれるほど、交換したくなくなるものです。

連絡先を交換したいのであれば、リスクを負ってでも自分の連絡先のみを渡すようにしましょう。

屋外でされるとうざいと感じるナンパ

店内などの屋内だけではなく、道などで歩いている時にナンパする機会も多いのではないでしょうか?
外でナンパをするのは、より警戒心が高いので屋内よりももっと難易度が高いです。
それでもしたいという方は、下記行動に注意しましょう。

女性が興味ない態度を示しているのに、しつこく着いてきて話しかける。

これはもはやキャッチと同じうざさがあります。

女性もナンパされたときにはある程度、その人の顔や雰囲気をみています。
興味が無い素振りをされたときは、「この人はない。」と即座に判断をされています。
諦めない心は大切ですが、そこを巻き返すことはほとんどありませんので、潔く引くことを覚えましょう。

道をふさいで通らせないようにする

聞いてもらえないからといって道や行く先に立ちふさがり、行かせないようにするナンパは最悪です。

やっている本人からすると面白がっている部分もあるかもしれませんが、女性からすると非常に迷惑でしかありません。
もはや喧嘩や通報という流れになってもおかしくないので、声をかけるのであれば最低限不快な気持ちにさせないようにしましょう。

何回も前を通ったり、物を拾わせて顔をチェックする

ナンパする際に顔をチェックする男性がいますが、これについてはほとんどの女性が気づいています。
そのため、チェックしたという行為がばれた後に声をかけたところで
「何こいつ・・」
といった不快感が拭えません。

そこまで顔をチェックしないとナンパが出来ないようであれば、もうしない方が賢明です。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

「やったことがある・・。」と当てはまった方、多いのではないでしょうか?

こんな行為をしてもナンパに成功するのは、運か吉沢亮ほどのイケメンでないと到底あり得ません。

折角声をかけるのであれば、成功して女性と楽しく飲みたいですよね?

そうなるとやはり初めの声をかける印象は非常に重要になってきますので、あくまでも謙虚に、不快にさせないように、素直に一緒に飲みたいという気持ちを伝えるようにして声をかけてみましょう。

そうすれば、思わぬところにいい出会いが見つかるかもしれませんよ♡

     

おすすめ記事

スポンサードリンク