ラッパー「VaVa」の読み方や年齢、大学は?VaVaのプロフィール6選!

ラッパー「VaVa」の読み方や年齢、大学は?VaVaのプロフィール6選!

Summitに所属する「VaVa」というラッパーに注目しているHIPHOP好きの方は少なくないのではないでしょうか?
PUNPEEやBIM、in-dをが所属する「Summit」というレーベルはHIPHOP界隈でも独特の存在感を出し、若いファンを中心にHIPHOPという音楽の可能性を広げています。

そんなラッパーの「VaVa」は、実はまだ読み方や年齢までもあまり知られていないほど楽曲以外の情報が少ないアーティストなんです。
今回はラッパー「VaVa」の読み方や年齢、大学などファンが知りたい基本プロフィールを厳選して紹介します。
VaVaについて知りたいという方はぜひこの記事を参考にしてみて下さいね ♡

VaVaというラッパー

VaVaというラッパー

VaVaというラッパー

VaVaというラッパーが気になっているというHIOHOP好きの方は少なくないのではないでしょうか?
実は「VaVa」のキャリアはラッパーとしてではなく、ビートメイカーとして2012年にスタートしました。

ビート制作、ラップ、そして映画にまで出演するなど現代的でマルチなアーティストであると言えるVaVa。
現在はSummitというPUNPEEが主催するレーベルに所属するVaVaですが、楽曲や音源の人気とは逆に、VaVaのキャリアや年齢などのプロフィール、はたまた「VaVa」というアーティスト名の読み方まで分からないというファンがいることも事実なんです。

今回はラッパー「VaVa」の読み方や年齢、大学などファンが知りたい基本プロフィールをご紹介する「VaVa入門」のような記事となっています ♡

VaVaの読み方

まずは「VaVaの読み方」から解説していきます。
結論から言うと「VaVa」の読み方は「ヴァヴァ(ババ)」です。

そのままやないかい!というツッコミが入ってきそうですが、「VaVa」の読み方は「ヴァヴァ(ババ)」なんです。

VaVaの読み方

VaVaの読み方

・VavVaの本名

「VavVa」の読み方は「ヴァヴァ(ババ)」だということは分かりましたが、なぜ「VavVa」というアーティスト名をつけたのでしょうか?
実は「VaVa」の名前の由来は本名から来ているんです。

VaVaの本名は「馬場 貴大(ばば たかひろ)」で、まさにそのまんまのアーティスト名ですよね。

VaVaの年齢

次に、ファンが気にすることが多い「VaVaの年齢」について解説していきます。
世間に出てからはまだ時間そこまで時間が経っておらず、年齢的には若手ラッパーという印象が強いVaVaですが、その年齢は何歳なのでしょうか?

VaVaの年齢

VaVaの年齢

・VaVaの年齢は26歳(2019年現在)

結論から言うと、2019年現在のVaVaの年齢は26歳です。

同じくSummitに所属するTHE OTOGIBANASHI’S(ジ・オトギバナシズ)のBIM、in-dよりも年上で、大学時代に友達から当時高校生のBIMとin-dを紹介されたことでビートメイカー、アーティストとしてのキャリアがスタートしたと言われています。

VaVaの大学

ラッパー「VaVa」のファンから「知りたい!」と需要があるのがVaVaの大学について。
VaVaは自身のアーティスト活動を大学生の頃にスタートし、2013年の大学2年生の時には自身の初となるビートアルバム「Blue Popcorn」を発表しました。

そんなVaVaの大学はどこの大学だったのでしょうか?

VaVaの大学

VaVaの大学

・VaVaの大学名は不明

結論から言うとVaVaの大学名は公開されておらず不明です。
しかし、VaVaは東京都の杉並区在住であり、大学在学時からTHE OTOGIBANASHI’S(ジ・オトギバナシズ)のBIMやin-dと交流を持っていたことから東京の大学に通っていたことは間違い無さそうです。

VaVaの楽曲

ここからはVaVaのおすすめ楽曲、音源をご紹介していきます。
VaVaはラッパーとしてだけではなく、トラックメイカーとしての楽曲提供、プロデューサーとしてのアーティストプロデュースなど音楽に幅広く関わっています。

今回はそんなVaVaのアーティスト活動からおすすめの楽曲をいくつかご紹介します ♡

・VaVaの楽曲①「現実 Feelin’ on my mind」

VaVaのおすすめ楽曲の1つ目は「現実 Feelin’ on my mind Produced by VaVa」です。
哀愁漂うチルなビートとラップがVaVaの持ち味。

「現実 Feelin’ on my mind」は若い世代を中心に支持されるVaVaの代表曲となっています。

・VaVaの楽曲②「BIM – Bonita」

VaVaのおすすめ楽曲の2つ目はBIMの「Bonita Produced by VaVa」です。
正に信頼関係のある二人だからこそ作り出せる独特の楽曲に仕上がっており、トラックメイカーとしてのVaVaの実力が顕著に表れた楽曲となっています。

・VaVaの楽曲③「田我流 “Cola” 」

VaVaのおすすめ楽曲で最後にご紹介するのは田我流の「Cola Produced by VaVa」です。
Summit所属のアーティストとの楽曲制作がメインだったVaVaですが、2019年に発表された田我流との楽曲ではこれまでのVaVaには無い違った持ち味が展開され、これからのVaVaの可能性を広げる楽曲となりました。

今後のVaVaに注目

今回はラッパー「VaVa」の読み方や年齢、大学などファンが知りたい基本プロフィールとおすすめの楽曲をご紹介しました。いかがでしたでしょうか ♡

「VaVa」は今後の活躍が期待できる、クリエイティブなアーティスト。
ラッパーとしても、トラックメイカーとしてもプロデューサーとしてもマルチに活躍するVaVaのこれからにしっかり注目していきましょう ♡

     

おすすめ記事

スポンサードリンク