夜しか会わない彼氏の心理8選。彼氏とのデートが夜ばかりの場合は遊ばれてる?

「彼氏が夜しか会えない」という悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか?
彼氏が忙しいのも分かるけれど、彼女としては昼もデートして彼氏と一緒に過ごしたいと思ってしまいますよね。

この記事では「彼氏とのデートが夜ばかりの場合は遊ばれてる?」というテーマで、夜しか会わない彼氏の心理を8つ厳選して解説していきます。
彼氏と会うのはいつも夜、彼氏が夜しか会ってくれないと悩んでいる女性はぜひこの記事を参考にしてみて下さいね ♡

彼氏が夜しか会えない

彼氏が夜しか会えない
彼氏が夜しか会えない

「彼氏が夜しか会えない」という状況に対して、あなたはどう思いますか?

「彼氏と会うのはいつも夜」と悩む女性はとても多いです。
大好きな彼氏とのデートでは一日かけてどこかに遊びに行ったり、お弁当をもってピクニックでゆっくりしたりなど、一緒に行きたい場所やしたいことはたくさんありますよね。

それなのに「会うのはいつも夜」「昼間に時間をつくってくれない」そんな彼氏はいったどんな心理なのでしょうか。

彼氏とのデートが夜ばかり!遊ばれている?

彼氏とのデートが夜ばかり!遊ばれている?
彼氏とのデートが夜ばかり!遊ばれている?

彼氏とのデートが夜ばかりだという女性が気になるのは、「遊ばれているの?」というポイントではないでしょうか。

いつも彼氏の希望の時間に合わせているだけになると「遊ばれているのかな…」「他に本命の彼女がいるのかも..」と不安な気持ちになってしまいます。

どれだけ忙しくてもあなたが大好きな彼女であるならば少しでも希望をかなえようとする姿勢が見えるはず。
夜しかデートできない彼氏に不安を感じるなら、今からお伝えする心理と照らし合わせて今後の関係を考えてみてください。

夜しか会わない彼氏の心理【忙しい編】

「夜しか会わない彼氏の心理」っていったいどのようなものなのでしょうか?

忙しいことはわかっているけど、夜以外の時間にも会ってほしいと考えるのは素直な気持ちです。

でも無理を言って面倒な女だと思われたくない気持ちもありますよね。
まずは、忙しくて夜しか会えない彼氏の心理を理解しましょう。

夜しか会わない彼氏の心理【忙しい編】
夜しか会わない彼氏の心理【忙しい編】

夜しか会わない彼氏の心理①「昼間は予定が詰まって忙しい」

夜しか会わない彼氏の心理として、「昼間は予定が詰まって忙しい」というシンプルな理由があります。

資格の勉強をしていたり、休みの日には母校や地域の子供たちにスポーツを教えていたりなど、仕事以外のところでも自分の時間を使って活動している人はたくさんいます。

「ただでさえ仕事もいつも忙しそうなのに、そんなに頑張らなくても…」と思う気持ちはあると思います。
でも「今できることを全力でやりたい!」と思うとっても前向きな彼氏の姿も素敵に見えるもの。
彼氏としてもあなたとの時間をあまりとれないさみしさもあるでしょうから、時間をつくれない自分にもどかしさを感じているかもしれません。
会った時には全力でお互いに楽しんで過ごすようにしましょう。

夜しか会わない彼氏の心理②「家でゆっくり過ごしたい」

夜しか会わない彼氏の心理として「家でゆっくり過ごしたい」というのも定番の心理。

仕事で日中忙しく過ごしている彼氏なら、夜にはとても疲れています。
家でゆっくり過ごしたいと思うでしょう。あなたと会う時間が夜になるのであれば、周りに気をつかわずに家でテレビを見たりゆっくり晩酌をしたりして過ごしたいと考えます。

そしてそれが彼氏にとってはすごくリラックスできる時間になっているはず。
仕事が終わった後にも気合の入ったデートを考えて、外に出かけるのはとても疲れることです。
彼氏がリラックスできるなら嬉しいと思う反面、それがずっと続くとマンネリしてしまうさみしさもありますよね。

彼氏の負担にならない程度におうちデートが楽しくなるような工夫も必要です。映画やアニメのシリーズで二人のお気に入りを見つけるなどもおうちデートを楽しむ一つですね。

夜しか会わない彼氏の心理③「食事を一緒に楽しみたい」

夜しか会わない彼氏の心理で「食事を一緒に楽しみたい」という場合もあります。

忙しい彼氏は朝昼の食事もまともに摂れていないことも多いです。
夜の食事くらいはゆっくりおいしいものを食べながら、今日あった出来事を話したり、深い話をしたりと夜の食事の時間を重要と考えています。
おいしいものを食べているときは自然と笑顔になるものです。
あなたとの食事の時間で、栄養とパワーを補給して明日も頑張ろうと思えていることでしょう。
もちろん外食だけでなく、彼氏の身体のことを考えてあなたが作った手料理を食べるというのも素敵な時間です。

食事は毎日のことですから、その時間が楽しめるなら他に何をしてもきっと楽しいはずです。
今は忙しくて食事の時間くらいしか一緒にいられなくても、「食事が楽しい=いつでも楽しみがある」と考えて過ごせると、前向きに考えられますね。

夜しか会わない彼氏の心理④「デートに時間をかけたくない」

夜しか会わない彼氏の心理として「デートに時間をかけたくない」というパターンもあります。

本当に忙しく時間に追われている彼氏なら、一分一秒ももったいないと思うかもしれません。

たとえあなたとのデートであっても翌日のスケジュールや睡眠時間の確保などを度外視できないものです。
お泊りしないデートなら「終電まで」というわかりやすい時間の制限があるので、だらだらと時間を費やすこともなく、限られた時間の中であなたとのデートを楽しむでしょう。
解散したあとは明日のスケジュールに頭をシフトチェンジとできるもの。

一見ドライに見えるかもしれませんが、それでもあなたとの時間を確保してくれるのですからあなたのことを適当に考えているわけではないと理解しましょう。
また、この場合デートプランもあなたから積極的に提案してみて。彼氏にはデートプランを考える暇もないかもしれません…。

夜しか会わない彼氏の心理【都合のいい女編】

夜しか会わない彼氏の心理の中には、彼女を都合のいい女とみなしている場合もあります。

仕事が忙しいからと言われると文句は言えないですよね。
でも、忙しい割には飲み会にたくさん行っていたり、友達と会っていたり時間に余裕がありそうな気配があればなおさら不安です。

夜しか会わない彼氏の心理【都合のいい女編】
夜しか会わない彼氏の心理【都合のいい女編】

夜しか会わない彼氏の心理⑤「本命が他にいる」

夜しか会わない彼氏の心理として、「本命が他にいる」というパターンもあるのが事実。

本命の彼女がいるけど、その彼女と遠距離やライフサイクルが合わずになかなか会えていないさみしさから、あなたと会っていることが考えられます。
あなたは付き合っている認識でも、彼氏のほうはあなたと付き合っていると思っていないかも…。
周りにばれると困るので、日中のデートや土日にあなたと会うことはないでしょう。

また、あなたと真剣に付き合っていても、実は結婚していたから時間をつくれていないというのもよくあることです。
結婚している男性の場合、仕事帰りのちょっとした時間ならあなたに会いやすくても、土日や日中に時間をとることは難しいでしょう。
そしてその時間帯に何をしているのかわからないことも多いはず。
いずれにしても、あなたは2番目以降の存在です。他の女性がいないか、結婚していないかというのは早めに気づいて対処しましょう。


夜しか会わない彼氏の心理⑥「セックスがしたいだけ」

夜しか会わない彼氏の心理の中で「セックスがしたいだけ」というのは定番のもの。

夜しか会えない、しかも会うのはもっぱら家かホテルという場合、体の関係だけを求められているのでは…と一番不安になる要素です。
しかもお泊りもせず、毎回終電のある時間には帰るということになると、あなたに会える時間を楽しんでいるのではなく、あなたとのセックスを楽しんでいると考えられます。
そしてそういう男性はあなたに対して「好きだよ」「なかなか会えなくてごめんね」と優しい言葉をかけてくることあるかもしれません。
なぜなら「会いたいときに会ってセックスできる女の人を手放すのはもったいない」からです。
彼の言葉が本心なのか、誰にでもそういうことを言うタイプなのかどうかは、彼の行動や周りからの評判なのでしっかり判断してください。
そして遊ばれていると少しでも思うなら早めにお別れすることをおすすめします。

夜しか会わない彼氏の心理⑦「昼間のデートが面倒」

夜しか会わない彼氏の心理には「昼間のデートが面倒」という心理もあります。

昼間のデートは出かける場所やすることが、夜に比べてとても幅広くなります。
ですから、あなたとデートすることになってデートプランを考えるのもいろんなパターンがあるでしょう。

それを楽しいと感じない、またあなたに対してそこまでしたいと思わないときには昼間のデートを面倒に感じます。
夜のデートであれば、食事をするだけでそれなりの時間が経ちますし、時間も限られているのであれこれ考えなくて済む手軽さがあります。
それも毎回同じお店でお決まりになってくると、集合解散もお店でなんてことも。
遊び相手の女性に対してデートプランなど真剣に考えません。デートプランを考えてくれない、考える気もないというのはあなたにそこまで気持ちがないのかも。

夜しか会わない彼氏の心理⑧「夜型の生活」

夜しか会わない彼氏の心理として「夜型の生活を送っているから」という場合も考えられます。

基本的に日中は外に出たくない、という人も多いです。
夜にしか行動したくないし、そのスタイルにあなたのほうが合わせてほしいと思っているタイプです。

自分本位の考え方ですから、あなたがどう思っているかなどの想像はあまりしてくれないかも。
「自分が会いたいときに会いたいし、それが夜ならそれに合わせろ」という思考ではないでしょうか。
あなたと会っていないときでも、日中は家にこもっているのに夜になったら飲みに出歩いたり、友達によくあっていたりすると不安になるでしょう。

あなたも同じように夜型の生活ならいいのですが、そうでないなら理解するのも難しいかもしれません。
今後もずっと付き合っていくなら、お互いがお互いのライフスタイルに合わせて歩み寄っていくべきですから一度話合って、改善が見られなければ別れを選ぶのも一つかも。

都合の良い女について詳しく理解したいという女性は下記の記事も参考にしてみてはいかがでしょうか ♡

夜しか会えない彼氏には要注意

夜しか会えない彼氏には要注意
夜しか会えない彼氏には要注意

今回は夜しか会わない男性の心理をご紹介しました。
忙しい彼氏にしても、あなたのことを遊びと思っている彼氏にしても夜だけしか会えない理由を正しく理解できていないと、あなた自身がずっと不安な気持ちのままで苦しいですよね。
忙しい彼氏の場合は、忙しい理由とあなたの存在の必要性が理解できれば、よりよいサポートができるはず。
また遊びと思われているのなら早めにお別れをするべきです。
夜しか会えない彼氏にはスケジュール的な理由と感情的な理由のどちらかが必ずあるはずですから、そこをしっかり確認しましょう。

彼氏とのデートが夜ばかりで嫌なら正直に伝えて

彼氏とのデートが夜ばかりで嫌なら正直に伝えて
彼氏とのデートが夜ばかりで嫌なら正直に伝えて

夜のデートばかりで嫌だなと思っているなら、嫌な気持ちは正直に伝えてくださいね。
もしかしたら彼氏はあなたからそういわれるまで「夜のデートばかりで不安な思いをさせているなんて気づかなかった」「会う時間をとれているからそれでいいと思っていた」とあなたが嫌な気持ちだということに気付いていないかもしれません。
また、その話をした時に「本当は俺ももっと昼間にこんなところに行ってみたいし…」と彼氏のさみしい本心が聞けるだけでも安心するものです。
不安な気持ちも正しい理由と彼氏の想いがわかれば吹き飛ぶもの。
そのためにも「こんなこと言ったら嫌われるかも…」と怖がらずに勇気を出して伝えましょう。二人の時間の過ごし方は、二人で話すことでより良い時間にできるものです。
ずっと夜にしか会わないことを続けていると、彼氏も「これでいいんだな」と思ってしまいます。嫌なことは嫌と勇気をもって伝えて、お互いが納得できて楽しめるお付き合いを続けていってくださいね。